ha-

ハーブガーデン作業日誌

朝のお清め&ガーデン作業表 

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

29

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーデニング&ハーブクラフト

早めの除草開始

肥料を蒔く

種をポットで育てる:向日葵・マリーゴールド・カンパネラ

カボチャ・

キュウリ・ミニトマト

ビニールで苗床作り・ポットの苗移植

株分け

樹木の移植

ドライフラワ―:山吹

挿し木作り:

紫陽花・ツツジラベンダー・ラムズイヤー

追肥

ドライフラワー

ラベンダー・ミント・ラムズイヤー

ドライフラワ―:

紫陽花・

挿し木を植える

 

落葉を集め

堆肥作り

収穫祭

 

石灰まき

腐葉土覆う

 

 

サッシェ作り

 

ハーブキャンドル

ハーブ染

木の実ポプリ

木の実雑貨

ハーブ石鹸

ハーブ絵葉書

お清め区画  ガーデン   1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13

アトリエ前  ハーブアトリエ(H1)・サンドイッチアトリエ(S2)・パンアトリエ(P4)・雑貨アトリエ(Z5

道路脇    ハーブアトリエ(H11)・サンドイッチアトリエ(S12


❏  ハーブガーデン作業日誌(長岡)
 
   ハーブガーデン作業日誌(西尾)

ガーデン設営


2015年度ガーデン作り

 2年目のガーデン作り
  雪融け直後からの設営作業が功を奏し雑草対策が順調に進む
  早期からの駐車場使用が功を奏した
  昨年からの区画作りがガーデンらしさを演出

 今年のテーマ
  疎植と自然農法
  花・野菜の植え付けは疎植
    ホームセンター  マリーゴールド・南瓜・胡瓜・トマト
    野菜売り場    マリーゴールド・南瓜
    通販購入の苗・・・芝桜150鉢+   100鉢
    種付け       向日葵直播き→蜜蒔きすぎて現在、間引き移植中
         *来季はポットに用土と種を1粒づつ温室で育てガーデンに移植する(向日葵・レタス・胡瓜・・・)

 水遣り
  ガーデン用の水道が使用不可だったのが修理を終えた
    ガーデンが300坪でホースが隅々まで届かないので水槽を2か所設置して漏斗でまく
    ホースの届く範囲はシャワーをする
    今後が移動用スプリンクラーで自動散水を目指す
  
  共生
    ミント
    コンフリー
    クローバー
    蓬
    蒲公英

当ハーブガデンのウリ  白根連山がよく見えるガーデン
                ミントが繁茂するガーデン

益草・雑草・日和見草


不耕起・無農薬・有機肥料で自然農法

益草
 ペパーミント
 コンフリー
 よもぎ
 クローバー
 
益草の移植は複利の利息受け取り
 益草は移植するとその年は値付けが精一杯で、増殖は2年目以降の楽しみとなります

単利息
 雑草対策に多年草を植える

株式分轄で資産倍増
 2年目以降は多年草の株を大きく育て株分け・接ぎ木で株式分轄で2倍・5倍・10倍と増殖

元金の保証
 1年草を植える

除草は益草を枯らさず増やすためにその増殖を妨げる雑草を抜くことに心掛けると除草作業
が楽しくなります。植物は大きく育ってより多くの太陽光線を浴び光合成で自分のエネルギー
生み出し子孫の増殖のため他者を押しのけようと生存競争を繰り返しています。エビス草・
スギナなどの雑草は益草に覆い被り増殖を邪魔します。益草に立ちふさがるそれらの雑草を抜いてやると
その周りの環境が変わります。

今後の予定
ルバーブを植え付け


ラムズイヤーが開花直前


ハーブガーデンが整備されるに連れてラムズイヤーの株が大きく育ち
花が咲く寸前で堂々とした花姿は気品を感じます。
挿し木・植え替え・株分けで第二のラムズイヤーガーデンに育てていこう

ラムズイヤーRECIPE

ラムズイヤーの挿し木のPOINT
❑ 梅雨明けまでにする
❐ 花芽のついていないものを挿す
❑ 枝10-15cm位を切り取り、最低でも2時間は水揚げをする
❑ よく切れるナイフ等で葉の付け根下1cm位で茎を斜めに切る
❑ 水分の蒸発を防ぐ為に、下葉を除き、きれいな土に挿す
❑ 他の植物の木陰に挿し根付くまでは水やりは欠かさない


植え替え・植え付け
❐ 茎がどんどん横に這って伸びて、広がっていく
❐ 株分けをかねて2年毎に植え替えを行う
❐ 露地植えもよく広がるので2年に1回株分けを兼ねて植え替える
  広いスペースであればほおっておいてOK
❐ 4月、9月頃が植え替えの適期

株分け
❐ 適期は4月か9月
❐ 茎を切って株を2~3つに分けてそれぞれを鉢やプランター、庭に植え付ける
  地植えしたものは根付くまでたっぷりと水を与える
❐ 赤玉土7:腐葉土3の土を使用
❐ 酸性土壌は育ちが悪い、植え付ける前に肥料とは別に苦土石灰を適量混ぜる
  地植えにする場合も植え付ける10日ほど前に混ぜ込む。


ラムズイヤー管理POINT
❐ 高温多湿に弱いので夏はできるだけ涼しい場所
❐ やや乾燥気味で水はけのよい環境を好む
❐ 花後に根元からばっさり茎を切って風通しをよくする


季節・日常の手入れ ポイント
❐ ラムズイヤーは夏を涼しく越すが栽培のポイント
夏の高温多湿に弱く株が混み合ってくると蒸れて葉が枯れる。
   花の咲く時期は花茎が何本も立ち上がり風通しが悪い
   花が一通り咲き終わったら収穫をかねて花茎の根元からばっさりと切る。
❐ 冬の寒さには強い
   冬の寒さには気使い不要。寒冷地では株元に腐葉土やワラを敷いて霜よけを行う。

日当たり・置き場所  ポイント 
❐ 日当たりの良い場所が適所
❐ 夏は風通しの良い半日陰の場所で育てる
   特に西日は禁物。露地植えは半日陰の場所を選んで植え付ける

水やり・肥料
❐ 乾燥気味の土壌を好み水のやり過ぎに気をつける
❐ 地植えは植え付け直後、根付くまでは水を与え、いったん根付くと自然の雨だけで充分育つ
❐ 液体肥料を春と秋の生育期に月1~2回、与える
   肥料は、控えめの方がきれいに株がまとまる。

用土
❐ 水はけがよい土が適。

(参考文献:ヤサシイエンゲイ)


石楠花


ガーデニング効果

 自然の多い場所で居を構え、土いじりが習慣化した生活が四季の移り変わり
を感じるセンサーが肌に強く働きかけてくる。
  ミミズ・虫の幼虫が土の中で生きている
  花に群がる蝶・蜜蜂
  植物と植物のせめぎあい
 全部署のスタッフが朝一番一堂に会し作業するのは連帯感ができる
 朝挨拶を交わしながら皆で作業するのは幸せ感・充実感も湧き出る
これぞ朝のお清めです

ガーデニング > 樹木 > 石南花

品種: 吉野・春一番が丈夫、ツツジと同様手をかけなくても、毎年よく開花する
植え付け
夏の水不足がシャクナゲを枯らしてしまう
土:、山野草用土と赤玉土を等量で混合
適期:開花後の早い時期で、新芽が伸び出す前の5~6月
場所:、水はけがよく、腐植質に富んだ場所
西日が当たらない半日陰の場所
根鉢を半分以上崩して、植えつける用土に根が十分なじませる
シャクナゲの根は酸素を好み、地表近くにたくさんの細い根を張るので浅く植え根元を腐葉土などで覆う

さし木の適期: 6月か9月(石南花は、さし木にしても発根しにくく、時間がかかる)
 その年に伸びた枝を、長さ7~8cmで切る、
枝先の葉を3~4枚残して下葉を摘み取る
枝先に残した葉も各々半分に切る
1時間ほど水揚げし、切り口に植物成長調整剤(ルートン)を薄くまぶす
鹿沼土や赤玉土の細粒やさし木用土にさす
十分に水やりをする
乾燥しないようにビニール袋などで覆う
日陰の涼しいところに置き、乾燥させないように管理すれば、秋には発根する
管理
水やり
 庭植えは、夏以外水やりは不要
夏は土壌が乾燥し過ぎないように、朝か夕方に十分に水をやる
肥料
 花後に粒状肥料(マイガーデン)を施す
庭植え 1m2当たり150g
 涼しくなる9月下旬から10月に1回
2月に寒肥として、同じ肥料を同量施しましょう。
枝が茂ってる部分とほぼ同じ範囲に根が張っているので、外周部の土の上にばらまき浅く埋め込む

(参考:ヤサシイエンゲイ)

挿木について思うこと



寒冷地で元気に育つ植物は限られたものとなる。
その中で気に入った花は株分け・樹木は挿木で
殖やしながらガーデニングデザインする。

株式分轄で資産倍増
 2年目以降は多年草の株を大きく育て株分け・接ぎ木で
株式分轄で2倍・5倍・10倍と増殖

分社で事業・資本の拡充

新芽のでた元気の良い枝に十分吸水させたうえで
培養土にさす。日影で毎日の水遣りをしやさしく丁寧に
管理し徐々に根だししていく挿木。
時間をかけ上手く根が出た挿木をガーデンに植える。
大きな樹木の枝から分枝して他の場所に独立した樹木を
育てるのは株分けに比して骨が折れるが見返りも多い。
挿木作業は分社で子会社・孫会社を作り・育てるのに似ている


植物を育て観察することと


ハーブガーデンを設営し、管理しながら植物を育くしんでいて思うことは
 ・生存競争の逞しさ
   植物は大きく育ってより多くの太陽光線を浴び光合成で自分の
   エネルギーを生み出し子孫の増殖のため他者を押しのけ多くの
   太陽光を浴びようとポジション作りと生存競争を繰り返している。
   益草に立ちふさがる雑草を抜いてやるとその周りの環境が変わる。

 ・生き残るための創意工夫
   進化も突然変異もある時点の観察にしかすぎなく
   絶え間なく生き残るための創意工夫の賜物

 ・植物を殖やしマイガーデンを作ることは
   貯蓄でもあり
    ❐益草の移植は複利の利息受け取り
     益草は移植するとその年は値付けが精一杯で、
増殖は2年目以降の楽しみとなります
    ❐単利息
     雑草対策に多年草を植える
    ❐元金の保証
     1年草を植える
   資本主義の原理原則でもあり
    ❐株式分轄で資産倍増
      2年目以降は多年草の株を大きく育て株分け・接ぎ木で
      株式分轄で2倍・5倍・10倍と増殖
    ❐分社で子会社・孫会社を殖やし根を広く深く張りめぐらし
      事業・資本の拡充
      大きな樹木の枝から分枝して他の場所に独立した樹木を
      育てるのは株分けに比して骨が折れるが見返りも多い。

チューリップの株取引が世界で最初のバブル経済を引き起こした
のも興味深い。以下引用
オランダ「チューリップ・バブル」
チューリップ・バブルは、1637年に世界で初めて起こったバブルでした。
オランダではチューリップの球根が人気になり、異常な高値になる。
1610年代、チューリップの球根はなかなか入手しにくく愛好家たちの間で
高値がついた。チューリップそのものには興味のない投機家たちが
1637年に現れ、球根1個に家が交換されるようになりました。
やがて、そういった話が一般の農家や職人にも伝わるようになりました。
元手がないこの人たちは、入手しやすい球根から転売を始め、利益を上げていきました。
これが先物取引制度の始まりでもありました。
急落
1637年2月になると、誰も買い手がつかず価格が暴落、混乱を巻き起こしました。

参考文献 :チューリップ・バブル―人間を狂わせた花の物語 (文春文庫)