麹調味  
                    Koji seasoning




麹調味  Koji seasoning

『スパイスシリーズ ~全11種類~』

 商品紹介:スパイスを粉末状にした、オリジナルのスパイスです。
      無添加なので安心してお使いいただけます。
      サラサラしているので、材料にからめやすく、味がなじみやすい!
      和・洋・中と、様々な料理にお使いいただけます。
      また、料理の幅も広げてくれるアイテムです。
      使いやすいビン入りです。
1)唐辛子

 ・原材料:唐辛子

 ・商品説明:強い辛味と香り、体をポカポカと暖かくしてくれる唐辛子。
       粉末状で料理にもなじみやすいので、一味加えたい時などにオススメ。

 ・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など・・・)
      スープに(中華風スープなどに)
      ご飯もの(チャーハン・ピラフなど・・・)
      ※炒めものに使う際のコツ
       100度の時にもっともよく辛味が溶ける。
       一気に加熱せずに弱火でじっくりと炒めて。

 ・簡単レシピ
  〈唐辛子オイル〉
     ~材料~
   唐辛子
   オリーブオイル
   ※量は、唐辛子:オリーブオイル=1:2
   ニンニク お好みで
     ~作り方~
   1.保存用瓶や、ボトルなどに唐辛子とオリーブオイルを入れて、よく混ぜる。
   2.数日置く。(徐々に赤くなってくる。)→完成!
   3.パスタやサラダなど色々な料理にお使い下さい♪
  〈万能!唐辛子ダレ〉
     ~材料~
   胡麻油  大さじ3
   醤油   大さじ3
   ごま   大さじ2
   唐辛子  大さじ2
   みりん  少々
     ~作り方~
   材料全てを混ぜるだけ!
   揚げ物にかけたり、お鍋のタレとしてもオススメです!
   色々にお使い下さい♪
 ・採点(★5個→満点!)
  美味しさ度  ★★★  (ピリリとした辛さです!)
  低カロリー度 ★★★★★(唐辛子自体はもちろん低カロリーですが、
               摂ることで、脂肪を燃やしてくれる効果なども!
               ダイエット時にもオススメですね!)
  料理活用度  ★★★★ (和・洋・中と、色々な料理にお使いいただけます!
               また殺菌効果もあるので、保存食品にもオススメ!)

 〈唐辛子豆知識〉
  ・唐辛子とは…
   トウガラシ属の栽培種の果実から得られる辛味のある香辛料。
   「唐」から伝わった「辛子」の意味。
   緑から赤へと熟していく唐辛子の果実は緑のままでも食べることが出来る。
   一般に、緑色のもの→青唐辛子、熟した赤いもの→赤唐辛子 と呼ばれる。
  ・歴史
   クリストファー・コロンブスが1493年にスペインへ最初の唐辛子を持ち帰った。唐辛子の伝播は各地の
   食文化に大きな影響を与えた。
   ヨーロッパでは・・・
   純輸入品の胡椒に代わる自給可能な香辛料として南欧を中心に広まった。
   16世紀にはインドにも伝来。
   一般に「カレー」と呼ばれる多種の料理の香辛料として用いられるようになる。
   日本へ・・・説1
   鑑賞用のトウガラシ…1542年にポルトガル人宣教師が大友義鎮に献上したとの記録あり。
   南蛮胡椒と呼ばれていたのはこのためであるとされる。
   日本では最初、食用とはならず、観賞用や毒薬として用いられた。
   日本へ・・・説2
   朝鮮から日本へ伝来したとする説。
   九州地方と朝鮮の間での貿易により伝わった。
   朝鮮出兵で連れ帰った陶工が唐人と呼ばれ(福岡市には「唐人町」と言う街名がある)、彼らが栽培してい   たので「唐辛子」と呼ばれるようになったと言うもの。高麗胡椒と呼ばれていたのはこのためである。
   朝鮮へ・・・
   日本から朝鮮へ伝来したとする説が有力。
   江戸時代になって朝鮮通信使が日本から持ち帰ったという説もある。
  ・用途
   胡椒などの他の香辛料と同様、料理に辛みをつけるために使われる。
   健胃薬、凍瘡・凍傷の治療、育毛など薬としても利用。
   果実…香辛料として有名であるが、薬用として使われることがある。
   →エキスにして温湿布剤に配合、筋肉痛、凍傷、養毛に使われる。
  ・栄養効果・・・ビタミンAとビタミンCが豊富!
   夏バテ防止に高い効果!
   殺菌作用(酢とならんで強い殺菌力あり。)
   →食中毒予防にも。食物の保存としても利用。
   除虫の効果。
   (園芸の際に、他の作物と一緒に植えて、虫害を減らすこともできる)
   生のままの緑色の唐辛子の方が体には良い、という意見もあり。
   (生のものを加熱→辛みが甘みに変化。
    乾燥のものを加熱→辛味が増す。)
   塩分摂取の抑制
   →唐辛子を食べることで塩分に対する味覚が高まるという効果。
   ◎唐辛子の辛味成分・・・カプサイシン
   →発熱・発汗・体脂肪燃焼・保湿作用
    血行を良くして食欲を増進させ、発汗を促す作用がある。
    体脂肪を燃焼させて身体をあたため、毛穴を広げて発汗を促す。
    汗をかくことで、水分が身体の熱と共に蒸発しスウッと体温が下がる。
    ※食だけでなく、布にくるんで靴の中にいれておくと、ポカポカと暖かく。
     冷え性の方にオススメです!
    炭水化物の消化を助けてくれる。
   →食欲増進・消化促進・血行促進・成人病予防
    脂肪の分解を促し、肝臓や筋肉内のグリコーゲンの分解を促進。
    胃を刺激し、血行をよくするだけでなく、内臓の消化運動までも活発に!
    食欲を増進してくれる。
    ※ニンニクとの併用で、さらに効果はアップ!!
   →体内の免疫力向上
お菓子作りなどに活躍大! ”シナモンパウダー”

 今日はシングルスパイスシリーズの”シナモン”の紹介です。
シングルスパイスパン










4)シナモン

 ・原材料:シナモン
 ・商品説明:香り高いシナモンをパウダー状に。
        桂皮・ニッキとも呼び香料としてお菓子作りに加えたり、肉の
        臭味消しにも(肉にもみこんでおくと味に深みがでる)。
        りんごや桃などのフルーツとの相性は抜群です。
        コーヒーや紅茶などに加えても、独特な風味がプラスされます。

 ・使い方:・トースト、パンプディング、フレンチトーストなどに
        アレンジ:+ハチミツ
              +バナナ
              +リンゴ
              +さつまいも
              +かぼちゃ
       ・焼きリンゴ
       ・さつまいも(ふかして柔らかくしたさつまいもにプラス)
       ・かぼちゃ (   〃      かぼちゃにプラス)
       ・手づくりジャムに加える(シナモンの香りがいいアクセントに)
       ・飲み物に加える(紅茶、ミルク、コーヒーなど)
         オススメ紅茶:シナモンの紅茶
                  アップルの紅茶         
                  バナナの紅茶
                  チョコレートの紅茶
       ・お菓子作りに(シナモンが甘さを引き立ててくれます。)
 
 ・レシピ
 〈ハチミツシナモンヨーグルト〉
  ◎シナモンの香りが広がる、朝食などにピッタリの簡単レシピです。
    ~材料(1人分)~
  ヨーグルト       100g
  はちみつ        小さじ1
  シナモンパウダー   たっぷり
    ~作り方~
  1. 器に、ヨーグルトを入れ、はちみつをかける。
    シナモンはお好みで、たっぷりかける。
  2. よく混ぜ合わせて、できあがり!!

 〈簡単焼きりんご〉
  ◎りんごと相性の良いシナモンを加えた焼きりんごのレシピです。
   アレンジで、トッピングで生クリームやジェラードなどを添えれば
   アツアツのりんごとの味わいで、また違った味わいがお楽しみ頂けます。
    ~材料~
  りんご      1個
  シナモン    お好み量
  バター      10g
  砂糖       大さじ1
    ~作り方~
  1. 少し柔らかくしたバターに砂糖を加えよく混ぜ、シナモンを好きな
    量を加えて混ぜる。
  2. りんごを良く洗い、竹串やフォークで、30個所以上まんべんなく
    穴を開ける。
    上から1~2㎝くらいの所を切り、蓋を作る。
  3. 小さいスプーンで、突き抜けないように、りんごの芯をくりぬく。
  4. くりぬいた穴に、1で合わせておいたバターを詰めて、切っておいた
    りんごの蓋をかぶせ、耐熱皿やアルミホイルを敷いて180度に熱した
    オーブンで約30分焼く。

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (香りがとても良いです。少量でも香りが広がります。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (キッチンシュガーとは違って、お砂糖などが入っていないので、
   シナモン自体は低カロリーです。
   また、発汗作用や消化器系に働きかける効果も期待できるシナモン
   なので、トーストなどにふりかけたり、お飲み物に加えるなど、
   日々の食生活に取り入れてみてください。)
  料理活用度  ★★★★★
  (砂糖との相性がよく、甘みを引き立ててくれるシナモン。お菓子作り
   などに活用下さい。
   お砂糖とブレンドした”シナモンシュガー”もありますので、こちらもどうぞ。)

〈シナモン豆知識〉
 シナモン:熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹の名。
       またその樹皮から作られる香辛料の名。
       (香辛料:樹皮を剥がし、乾燥させたもの)
 歴史:最古のスパイスといわれている。
     紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として使われていた。
     日本には8世紀前半に伝来。
 特徴:独特の甘みと香り、そしてかすかな辛みがある。
     砂糖と特に相性が良く、甘みを引き立てる。
 効果:シナモンの一種のシナニッケイの樹皮は桂皮とも呼ばれる生薬。
     ・体を温める作用
     ・発汗・発散作用
     ・解熱作用   
     ・健胃作用
     ・消化器系の機能を活発にする作用
     ・鎮痛作用
     ・リラックス効果(不安やストレスの軽減)
     ◎風邪の諸症状や消化不良、下痢や吐き気などに効果あり
     ◎体内のインシュリンを活性化させ糖を全身に運び血糖値を下げる効果発見
カレーの黄色でおなじみのスパイス ”ターメリック”
 今日は、シングルスパイスシリーズ3種類目”ターメリック”の紹介です。シングルスパイス
カレー










3)ターメリック

 ・原材料:ターメリック
 ・商品説明:カレーやたくあんの色付けにも使われるスパイス。
        辛みはなく、油との相性の良いのが特徴です。
        和名はウコンと呼ばれ、沖縄では『ウッチン茶』といって
        粉末にしたウコンをお茶として飲んでいるようです。
        料理のほか、ドリンクとしてもオススメです。
        カリウムやビタミンCなどを含んでいて、お腹にも優しい。        
 ・使い方:◎カレー料理、煮込み料理に
       →家で作るいつものカレーに小さじ1程度加えると黄色味が増します。
        他の煮込み料理やスープの色付けにも小さじ1~2杯を目安に。
        (加え過ぎると特有の土臭さが残ってしまうので注意。)
        ジャガイモやかぼちゃのサブジ(インド風野菜の蒸し煮炒め)。
        豆の煮込み料理など。
        他のスパイス(クミン、アジョワン、コリアンダー、キャラウェイ、レッドペッパー、シナモン等)と合わ        せて使うと一層エスニックな風味がひろがります。
      ◎ご飯の色付けに
      ◎ポーク、チキン等のロースト・グリルに
       →塩・ブラックペッパー等と一緒に下味付けをしたお肉(チキン・
        ポーク等)や白身魚に、お好みで振ると、脂の臭みがやわらぎ
        ほのかにエキゾチックな風味を楽しめます。
        クミンやコリアンダー、レッドペッパーをお好みで加えれば
        一層エスニックな風味が楽しめます。
      ◎フライに
       →揚げ物の衣に少量混ぜ込んだリ、下味付けに使うことで、素材
        の生臭みをやわらげ、ほんのりスパイシーに仕上がります。
      ◎ピクルス・マリネ
       →マリネ液にニンニクやコリアンダー、クミンシード、アジョワン
        等と一緒にほんの少量、色付け程度加えれば、エスニックな風味
        と鮮やかな色が楽しめます。
      ◎ソースの色付けに
       →マヨネーズやヨーグルト、生クリーム等を使ったソースの色付け
        にほんの少量。
        野菜スティック、ゆで卵、揚げ物等と一緒に。
      ◎パン・焼き菓子に
       →パン、グリッシーニ、塩味のクッキーの香り付けにほんの少し。

 ・簡単レシピ
 〈ターメリックドリンク〉
  ◎栄養も豊富なターメリックをドリンクで。
   お湯の他、牛乳や豆乳などに溶いてもよりまろやかなドリンクに。
   お好みでハチミツなどで甘さを加えてお飲み下さい。
  ~材料~
  ターメリック
  お湯
  ハチミツ又はガムシロップ
  ~作り方~
  1. 少量の湯にターメリックを入れ、だまにならないようによく練る。
  2. 1にお湯を加え、お好みでハチミツやガムシロップを加えて完成!
 
〈ターメリックライス〉
  ◎黄色く色づいたターメリックライスのレシピです。
   仕上げにバターなどを加えてバターライス風にしたり、具に鶏肉や
   魚介などを加えて炊き込んでも◎
  ~材料~
  お米       3合
  水        適量
  ターメリック  大さじ1/3~1/2
  塩        小さじ1/2
  ~作り方~
  1. お米を洗い、水気をよく切っておく。
  2. ターメリック、塩を加え、水を適量加え、炊飯器で炊く。
  3. 炊き上がれば出来上がり!!
  ※アレンジ
   カレーをかけて。
   相性の良い生姜やニンニク、玉ねぎなどと。生姜焼きなどに。
   トマト風味の煮込み料理などと一緒に。

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (カレー粉のイメージとは違い、ターメリック自体には辛みなどはないので
   そのままで味わうよりは、料理に加えるのがオススメです。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、お腹など体に優しい効果も期待できる
   ターメリックなので、ドリンクや料理に加えるなどして、毎日の食生活に
   取り入れていきたいですね。)
  料理活用度  ★★★★
  (辛みなどもなく、油との相性も良いので、いつもの料理に少し加えてみて
   はどうでしょうか。お腹や体にも優しいスパイスなので、日々の食事に
   オススメです。二日酔いの朝などはドリンクもオススメです。
   ★-1…
   スパイスとして使うことを考え、相性の良いとされる生姜やニンニクや
   オニオンなどとブレンドしても、より使いやすくなり良いのではないで
   しょうか。)

〈ターメリック豆知識〉
 別名:うこん、うっちん
 原産地:熱帯アジア、南インド
 科名:ショウガ科(多年草)
 使用部位:根茎
 ターメリックとは・・・
  ・カレー粉の黄色はターメリックの色から。
  ・日本ではたくあんの色づけなどにも使われる。
  ・辛みはなく、油に溶ける黄色い色素。
  ・着色料としても珍重されている。
  ・生薬としても使用されている。
  ・昔は布を黄色く染める時の染料として使われていた。
   防虫の為にたとう布を作った。
   →ウコンで黄色に染めた木綿で衣類を包み、タンスの中に入れておくと虫がつかなかった。
  ・根を乾燥させ粉末にしたもの→沖縄の人たちは『ウッチン茶』といってお茶で飲んでいる。
  ・料理としては…魚介類、米、卵料理に◎
  ・インド周辺では…食用以外に、傷薬や肌のパック剤(体毛の伸びを抑える、
   肌に潤いを与える効果があると考えられている)、染料など種々の用途に使われる。

 ターメリック効果
  ◎黄色の色素成分…クルクミン
   →利胆(胆汁の分泌を促進)
    健胃
  ・ターメロン→利胆
  ・ジンギベレン
  ・d-α-フェランドレンシネオール→防腐

  ・消化不全
   →消化力を高め、腸の活動をよくするはたらき。
    たんぱく質の消化を助ける。
  ・肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進。
   →二日酔いにドリンクで。
  ・抗菌作用
  ・血液を浄化、血管の新陳代謝をよくする働き
  ・咳
  ・胆汁の分泌を促して身体機能を改善する働き
  ・皮膚病
  ・糖尿病
  ・傷
   →切り傷、膿み傷、かゆみなどに
  ・有害物質に対する解毒作用
  ・皮膚がん・大腸がん・肺がん・前立腺がんへの抑制効果
  ・病原性大腸菌やピロリ菌にも効力を発揮

爽やかな香りを料理やお菓子作りに活用! ”レモンスパイス”

 今日はシングルスパイスシリーズの”レモン”の紹介です。

11)レモン
 ・原材料:レモンピール
 ・商品説明:レモンの皮のレモンピールをパウダー状にしました。
         レモンのほのかな酸味と爽やかな香りが広がります。
         パウダー状なので、素材にも馴染みやすく、料理にも加えやすいです。
         お菓子作りに加えたり、ドレッシングに加えても◎
 
 ・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(お吸い物、お味噌汁 など)
       ご飯もの(おにぎり、お茶漬け、チャーハン・ピラフ など)
       麺料理(うどん、そば、焼きそば、パスタ など)
       浅漬けに(きゅうり、大根、キャベツ、白菜 など)
       お肉料理に
       お魚料理に
       手作りドレッシングに
       揚げ物に振りかけて(天ぷら、フライ、ドーナツなどにも)
       トーストにふりかけて
       お菓子作りに
       ジュースやジャムに
       紅茶などの飲み物に加えて

スパイス4スパイス3紅茶2





 


・レシピ
 〈色々な調味料にプラス!~レモン風味~〉
   +マヨネーズ
   +醤油
   +めんつゆ
   +酢、ポン酢

 〈色々な素材にプラス!~レモン風味~〉
   ◎簡単混ぜるだけで、サッパリとしたレモン風味に変身!
   +バター
   +蜂蜜
   +生クリーム
   +ヨーグルト
   +ジェラード

 〈レモンクリームパスタ〉
  ◎爽やかなレモンがアクセントになったまろやかなクリームパスタの
   レシピです。具材もベーコンやきのこなどを加えても◎
   色々な具材でアレンジしてお楽しみ下さい。
    ~材料(1人分)~
  スパゲッティ       1人分
  たっぷり湯:3%の塩
  レモンスパイス     小さじ1~2
  生クリーム        100cc
  塩コショウ        大さじ2
  鶏むね肉         50g
  玉ねぎ           中1/4個
    ~作り方~
  1. スパゲッティ塩を加えたたっぷりの湯で茹でる。
    ※いつもの茹で上げ時間より1分前程にあげる。(後でソースと絡めるので)
  2. 鶏肉はそぎ切りにし、玉ねぎはスライスする。
    フライパンにオリーブオイルを大さじ1程度ひき、鶏肉と玉ねぎを入れ
    中火で焦がさないように炒め、塩コショウで軽めに味付けしておく。
  3. 2にパスタの茹で汁をお玉半分ぐらい入れ、そこに生クリーム、粉チーズ
    を入れ弱火にし、ソースを良く馴染ませたところへ1のパスタを入れる。
  4. パスタとソースをよく絡ませながら1分弱混ぜたら、レモンスパイスを入れ
    軽く混ぜ合わせたら、火を止める。
    味をみて、塩こしょうなどで調整し、出来上がり!!

 〈レモンが香る生チョコレート〉
  ◎まろやかな味わいの生チョコに、レモンの酸味と爽やかな香りがほのかに香る
   簡単生チョコレートのレシピです。
   手作りのプレゼントにもいかがですか。
     ~材料~
  板チョコ          400g(6枚くらい)
  生クリーム(植物性可) 200cc
  レモンスパイス      大さじ1(お好みで調整して下さい)
     ~作り方~
  1. 鍋に生クリームを入れ沸騰させない程度に温める。
  2. 1の鍋を火から下ろし、板チョコを割り入れて溶かし、滑らかになるまで
    静かに混ぜる。
  3. 2をお好みの型に流し、冷やし固めて、食べやすい大きさに切り分け、
    レモンスパイスを振り掛ければ出来上がり!

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★★
  (少しほろ苦さはありますが、ほのかな酸味と、爽やかな香りが広がります。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、揚げ物などにふりかけると、サッパリと
   召し上がっていただけます。)
  料理活用度  ★★★★★
  (料理や調味料などに少し加えると、レモンの爽やかな香りが生きて、また
   一味違った味わいがお楽しみいただけます。油っこい料理もサッパリ味に。
   お菓子作りやお飲み物に加えたりなどにも活用いただけます。
   パウダー状なので、とても加えやすいです。)

イタリア料理やお肉魚介料理に活躍! ”ローズマリー”

 今日は、シングルスパイスの”ローズマリー”の紹介です。

10)ローズマリー 
 ・原材料:ローズマリー
 ・商品説明:清涼感とほろ苦みがある個性的な強い香りが特徴。
         保存食作りに加えると独特の芳香がつきます。
         また肉や魚介料理の香り付けなどに。

 ・使い方:イタリア料理に(パスタ、ピザ、リゾット、グラタン など)
       炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(クリームスープ、野菜スープ など)
       サラダに(ポテトサラダ、マカロニサラダ など)
       ご飯もの(チャーハン・ピラフ、リゾット など)
       お肉料理に(臭み消しとしても)
       魚介料理に(    〃   )
       オリジナルドレッシング作りに(オリーブオイルなどを加えて)
       揚げ物の衣に(パン粉などに混ぜて)
       お菓子作りに(クッキーなどの味のアクセントに)

スパイス3スパイス4






 


・レシピ
 〈ローズマリーガーリックオイル〉
  ◎混ぜ合わせるだけの簡単レシピです。
    お肉や魚介料理、イタリア料理などしっかり風味を添えコクをプラス。
    作っておけば色々にお使いいただけます!
     ~材料~
  オリーブオイル   200cc
  ローズマリー    大さじ2杯
  ニンニク薄切り   2片
     ~作り方~
  材料全てを混ぜあわせるだけ。
  ※使った料理
   ・お肉や魚介のグリルに(下味付けにも◎)
   ・ドレッシングとして野菜などにかけて
   ・パスタ、ピザ、リゾットなどに

 〈ローズマリークッキー〉
  ◎おつまみにもピッタリな、チーズとローズマリーの効いたサクサクのクッキーのレシピです。
   ~材料(小さい大きさで約25個分)~
  無塩バター      50g
  薄力粉        100g
  粉チーズ       30g
  黒こしょう       少々
  砂糖          少々
  ローズマリー     小さじ1~2
   ~作り方~
  1. 無塩バターは細かく切り、ボウルに入れてそのまま冷凍庫へ。
  2. ポリ袋に薄力粉と粉チーズ、砂糖、黒こしょう、ローズマリーを入れてよく混ぜ合わせておく。
  3. 1バターと2の粉類を手でソボロ状に混ぜて、ひとまとめにして冷蔵庫で1時間程休ませる。
  4. 3の生地を適当に丸め、天板に並べ、170℃のオーブンで15~20分焼いて、冷まして出来上がり!

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (スーッとした爽やかな香りです。料理に加えることで、香り良く仕上がります!スッキリとした後味です。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、独特の芳香は、頭もスッキリさせてくれるローズマリー。脂肪分の消化を    促進する効果なども期待できるのでお茶や、料理などで摂っていきたいですね。)
  料理活用度  ★★★★★
  (爽やかな香りは、料理にアクセントをつけてくれます。イタリア料理などに。ラム肉など、少しにおいの気に   なるお肉に加えるのも◎ またお菓子作りなどにも活用いただけます。)

〈ローズマリー豆知識〉
 科名:シソ科
 原産地:スペイン、地中海地方
 利用部位:葉
 花言葉:「記憶」、「思い出」→独特の芳香が脳を活性化させることから
 ローズマリーとは…
  ・松葉のような針状の葉を持つ。
  ・葉は樹脂が多く、指でこすると樟脳のようなクセのあるにおいがする。
  ・ハーブティー…香りは強いが、味にはクセがなく、後味もスッキリ。
 利用1:お茶
  ・モーニングティーにピッタリ!→血圧が低く、朝がつらい人にお勧め
   体に活力がみなぎり、集中力や記憶力もアップ!
  ・頭をスッキリ
   強い芳香が刺激になり、血圧循環を促進する効果。
  ・神経性の頭痛を和らげる効果
  ・脂肪分の消化を促進する効果
 利用2:料理
  ・イタリア料理に特に利用
  ・少し臭みのあるお肉と組み合わせると◎
  ・食品の保存を助ける→強い殺菌・酸化防止作用
 利用3:エッセンシャルオイル
  ・ひどい片頭痛の緩和(こめかみにすりこんで)
  ・オリーブオイルと混ぜたもの…フケ防止の整髪料として古くから利用されてきた。育毛にも効果。
 効果
  ・脳や体の機能の活性化
  ・血液循環の促進
  ・血管壁強化
  ・血行促進による筋肉痛の緩和

鮮やかな緑色が料理を鮮やかに彩ります! ”パセリスパイス”

 今日は、シングルスパイスの”パセリ”の紹介です。

9)パセリ 
 ・原材料:パセリ
 ・商品説明:繊細な香りで、胃にも優しいスパイスのパセリです。
         細かくなっていますので、素材にも馴染みやすく、料理にも
         加えやすいです。
         鮮やかな緑色は、料理の彩りにも。仕上げにサッと振り掛け
         てお使い下さい。

 ・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(クリームスープ、野菜スープ など)
       サラダに(ポテトサラダ、マカロニサラダ など)
       ご飯もの(チャーハン・ピラフ、おにぎり、リゾット など)
       麺料理(パスタ、焼きそば、焼きうどん など)
       卵料理に(オムレツ、オムライス、スクランブルエッグ、ゆで卵
              目玉焼き、卵焼き、タルタルソース など)
       お肉料理に(彩りとしても)
       お魚料理に(  〃   )
       オリジナルドレッシング作りに(オリーブオイルなどを加えて)
       揚げ物の衣に(パン粉などに混ぜて)
       イタリア料理に(パスタ、ピザ、リゾット、グラタン など)

スパイス5


スパイス3スパイス4









 ・レシピ
  〈色々な調味料にプラス〉
   ◎パセリの鮮やかな緑色も綺麗です。
   +マヨネーズ
   +クリームチーズ
   +バター
   +ケチャップ
   +オリーブオイル
   +お酢

 〈パセリニンニクバター〉
  ◎パセリの彩りもキレイな、ニンニクの香りもプラスしたバターのレシピです。
    焼物や炒め物など、温野菜につけたりなど、色々にお使いいただけます。
    バターの他、ベースをクリームチーズ、マヨネーズにしても◎
    ~材料~
  パセリスパイス   小さじ1~2
  バター         100g
  ガーリックスパイス 小さじ1
    ~作り方~
  1. バターは室温に戻しておく。
  2. ボウルにバターを入れ、柔らかく練り、パセリ・ガーリックを加え
     混ぜ合わせて出来上がり!
  ※お肉や魚の焼き物や、炒め物、パスタなどにお使い下さい。
    パンに塗っても◎

 〈フワフワメレンゲ風コーンスープ〉
  ◎フワフワとしたメレンゲ風の卵白と、コーンの甘さが楽しめるスープの
    レシピです。パセリを彩りに加え、食卓も鮮やかに。
    ~材料(4人分)~
  クリームコーン(缶詰)  200g
  鶏ガラスープ       3カップ
  卵黄            1コ分
  水溶き片栗粉       大さじ2
  塩・コショウ        適量
  卵白            1コ分
  パセリスパイス      適量
    ~作り方~
  1. 鍋にクリームコーンと鶏ガラスープを入れ、煮立てる。
  2. 軽く溶いた卵黄を1の鍋に入れ、塩・コショウで味をととのえる。
  3. 2の鍋に水溶き片栗粉を加えて、とろみをつける。
  4. 卵白を硬く泡立てメレンゲを作る。
  5. 4を3の鍋に加え、切るように混ぜて火を通し、器に盛る。
  6. パセリをちらして出来上がり!

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (繊細な香りが広がります。
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、多くのビタミンやミネラルを含んで
   いるパセリなので、色々な料理に加えて、毎日摂っていきたいですね。)
  料理活用度  ★★★★★
   (鮮やかな緑色は、色々な料理に彩りをプラスしてくれます。
    イタリア料理の他、お肉料理、魚介料理など、ちょっと加えるだけ
    でも、素材の美味しさを引き立ててくれます。)

〈パセリ豆知識〉
 パセリ:セリ科の二年草。和名はオランダゼリ(和蘭芹)。
  ・日本では主に料理の付け合わせや飾り(デコレーション)として使われる
  ・そのまま食用としたり、ブーケガルニなどにして香りづけに用いたなど
  ・におい消し、飲用など
  ◎パセリの独特の香りは・・・アピオールなどの精油成分によるもの
  ◎高い栄養価:野菜の中でもトップクラスの含有量
   ・多くのビタミン
    ビタミンA (βカロチン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC など
   ・豊富なミネラル
    カルシウム、マグネシウム、鉄など
   ・食物繊維、葉緑素など

和・中華料理からお菓子作りなどにも活用できる! ”生姜スパイス”

 今日は、シングルスパイスシリーズの”生姜”の紹介です。

8)生姜 
 ・原材料:生姜
 ・商品説明:パウダー状の生姜のスパイスです。
         パウダー状なので素材にも馴染みやすく、料理に旨みや味の更なる深みが生まれます。
         和食から中華料理などにお使い下さい。
         料理の他、お菓子作りにも。生姜のスッキリとした辛みがお砂糖の甘みを引き締めてくれます。
         飲み物に加えても、ポカポカと体温めるドリンクに変身!

 ・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(お吸い物、お味噌汁 など)
       ご飯もの(おにぎり、お茶漬け、チャーハン・ピラフなど)
       麺料理(うどん、そば、焼きそば、和風パスタ など)
       浅漬けに(きゅうり、大根、キャベツ、白菜 など)
       お肉料理に
       お魚料理に
       お菓子作りに(洋風:クッキー、マフィン、パウンドケーキ等和風:寒天ゼリー、お饅頭 等)
       飲み物に加えて(ミルク、紅茶、柑橘系ジュース、甘酒炭酸→ジンジャーエール)
スパイス6スパイス2





 ・レシピ
 〈生姜味噌〉
  ◎お味噌に生姜の香りがプラスした、万能手作り調味料のレシピです。
   おにぎりの具や、焼おにぎり、チャーハンや、ひき肉と炒めて生姜風味のそぼろも簡単に。色々な料理に    お使いいただけます。ネギなどを加えても◎
    ~材料~
  味噌        80~90g
  生姜スパイス   大さじ1
  白ごま       たっぷりと
  酒          大さじ2
  砂糖        大さじ2
    ~作り方~
  1. お鍋(火をつけないで)にお味噌とお酒を入れる。
    弱火で木べらを使って練るように混ぜる。
  2. ふつふつとしてきたらお砂糖を2回にわけ入れる。
    その都度よく混ぜ合わせる。
  3. 砂糖がよく混ざり、煮詰まってきたら、生姜スパイス・ごまを
    入れて1~2分混ぜ合わせて、出来上がり!
  4. 出来立てよりも1日程たってからの方が味が馴染んで◎
  ※生姜味噌を使った料理色々
   ・おにぎりの具に
   ・焼おにぎり(味噌を塗って香ばしく焼いて。)
   ・おもち   (     〃            )
   ・お肉料理に

 〈生姜風味ラスク〉
  ◎ハチミツの甘さと生姜の香りの効いた、サッパリと食べられカリッと香ばしいラスクのレシピです。
   厚切りのトーストでもオススメです。
    ~材料~
  パン(フランスパンなど)
  生姜スパイス
  ハチミツ
    ~作り方~
  1. パンを薄くカットする。
  2. 1のパンにハチミツを塗り、生姜スパイスを振り掛ける。
  3. トースターでこんがり焼き上げれば出来上がり!

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (後味はスッキリと、鼻からスーッと抜けるような香りです。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、生姜の発汗効果が期待でき、お通じ
   にも効果があるようなので、色々な料理に加えて摂っていきたいですね!)
  料理活用度  ★★★★★
  (和・中華料理には欠かせないスパイスの生姜。後味をスッキリさせて
   くれたり、お肉を柔らかくしてくれる効果もあるようです!
   臭みなども消す効果もあり、また素材の旨みを引き出してくれるので、色々な料理にお使い下さい。
   粉状なので、材料とも良く馴染み、味もからみやすくなっています。
   料理の他、お菓子作りやお飲み物に加えるなどでもご活用頂けます!
   料理にお使いの際は、岩塩と生姜のブレンドの”生姜ソルト”もありますのでこちらもどうぞ。)
  
〈生姜豆知識〉
 ・ショウガ科の多年草
 ・南アジア原産
 ・歴史
  中国では…紀元前500年頃には薬用にされてた。
  日本には…3世紀頃中国からもたらされた。
  ショウガの古名を「呉(くれ)のハジカミ」と言う。
  (呉とは”日の暮れる国”という意味で広く中国一般を指す。
   ハジカミは顔をしかめるという意味で刺激的な味だという事を表す。)
  古来から山椒(さんしょう)をハジカミと言っていたが、ショウガが
  日本に伝わると、 山椒を和のハジカミ、ショウガを呉のハジカミと呼ぶようになった。
  ショウガと呼ばれるようになったのは江戸時代から。
  ヨーロッパにも薬用として古くから伝わっていたようだが、あまり一般的ではなかった。
  14世紀頃にはコショウに次ぐ東洋産の貴重なスパイスとしてもてはやされるようになり、17世紀英国でのジ  ンジャー・ブレッドの流行とともに普及していく。
 ・成分
  辛味の成分…ジンゲロンやショウガオール
  香りの主成分…ジンギベレン
  蛋白質分解酵素のプロテアーゼが含まれている
  →豚肉の生姜焼きのように肉をショウガ汁に漬けておくと、この酵素の働きで肉が柔らかく。
 ・料理での効果
  料理の後味をすっきりさせる。
  →すりおろして冷奴、湯豆腐、鯵のたたき、てんつゆなどの薬味として使われる他、豚肉の生姜焼き、魚の    煮付けなど の臭い消しによく使われる。
  中華料理でも基本的な香辛料。
  西洋では…菓子類や飲み物の香料によく使われている。
  (ジンジャーブレッド、ジンジャー・クッキー、ジンジャー・エールなど)
 ・効果
  血液の循環をスムーズに行えるように働きかけ、身体を温めてくれる。
  吐き気をとめる効果。(乗り物酔いに効果が)
  発汗により熱を下げる。
  咳を静める作用。
  しょうがの胃や腸に対する刺激で…
   →消化機能を促進。
     発汗作用や循環機能の活性化などからその不要なものを取り除く下痢や便秘の解消にも効果。
玉葱の風味が凝縮しています! ”玉葱スパイス”
 今日は、シングルスパイスシリーズの”玉葱”の紹介です。

7)玉葱 
 ・原材料:玉葱
 ・商品説明:パウダー状の玉葱のスパイスです。
         パウダー状なので素材にも馴染みやすく、料理に旨みや味の
         更なる深みが生まれます。
         玉ねぎ特有の風味(ツンとくる辛味)を加えたい時に。
         サラダに振りかけて。玉葱は、ソーセージ・スープ・ソース・
         カレー・ケチャップ等の主材料になっています。
         お肉や魚の臭み消しとしても。スパイス5
スパイス4スパイス3









・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(野菜スープ など)
       ご飯もの(チャーハン・ピラフ など)
       麺料理(パスタ、焼きそば、焼きうどん など)
       お肉料理に
       お魚料理に
       オリジナルドレッシング作りに
 ・レシピ
 〈玉葱香る和風ドレッシング〉
  ◎しょうゆの香ばしさと、玉葱の香りがサッパリとした和風の
   ドレッシングに。サラダの他、お肉や魚などにもオススメです。
    ~材料~
  玉葱スパイス   大さじ1~2杯
  しょうゆ       大さじ2杯
  酢          大さじ2杯
  砂糖         ひとつまみ
  オリーブオイル  大さじ6杯
    ~作り方~
  1. しょうゆは小鍋に入れて煮立てておく。
    (少し周りが焦げて香ばしい香が出るくらいが良い)
  2. 材料全てを混ぜ合わせ出来上がり!(容器に入れ冷蔵庫に保存も可。)
  3. サラダや、グリルした肉、魚、野菜にかけて召し上がって下さい!

 〈カラッと鮭フライ~オニオン風味~〉
  ◎鮭の下味に塩コショウのかわりに玉葱スパイスを使った、カリッと香ばしい
   フライのレシピです。マヨネーズに玉葱スパイスを混ぜ合わせたソースを
   かけるのもオススメです。
    ~材料(2人分)~
  鮭切身       2枚
  牛乳         適量
  卵          1個
  玉葱スパイス   適量
  小麦粉       適量
  パン粉       適量
  揚げ油       適量
    ~作り方~
  1. 鮭の皮と骨を取り除く。バットに牛乳を適量入れサーモンを両面
     浸したらそのまま5分程度置いておく。
     5分経ったらキッチンペーパーなどでよく水分を取り、両面に
     玉葱スパイスを振りかける。
  2. 卵液を作る。ボウルに卵を割りほぐし牛乳大さじ1を入れ混ぜる。
  3. 小麦粉→卵液→パン粉の順につけ、油でカラっと揚げる。
  4. 付け合せに千切りキャベツなどを沿え、盛り付けて出来上がり!
     ソースの他、マヨネーズに玉葱スパイスと少量加えたソースで
     召し上がってもオススメです。
     レモンを絞ってもサッパリ食べられます。

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (玉葱特有の香りや味わいが凝縮しています。少しツンとした辛みも
   ありますが、料理に一味加えたいときなどにお使い下さい。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (野菜の中でも糖質が最も多いとされる玉葱。糖質はエネルギーとして
   消費されるほか、体内に摂取した脂肪の吸収を抑制するはたらきも期待
   できるので、ダイエット時などにも摂りたい玉葱。
   お肉やお魚、野菜料理の味付けに簡単スパイス活用下さい。)
  料理活用度  ★★★★★
  (スープやチャーハンの味付けや、炒め物や、お肉の下味付けにも
   オススメです!サラダにふりかけたり、手作りドレッシングに
   加えてみるのもオススメです。玉葱特有の香りや味わいを生かして
   活用下さい。
   玉葱と岩塩をブレンドした”オニオンソルト”もありますので、
   こちらもどうぞ。)

(玉葱豆知識)
 タマネギ(玉葱):オニオン(英名)…ネギ科の多年草
 ・主に鱗茎を食用とする。
 ・強い辛味・香味がある。
 ・生のタマネギはイチゴ位の甘みを持っているが、辛さの方が強いため辛く感じる。
 ・辛味は加熱するとなくなり、甘みが出る。
 ・ウサギ、イヌやネコなどの殆どの動物が食べた場合、成分に含まれる硫黄化合物が中毒を
  引き起こし、血液中の赤血球が破壊され死亡することがある。
  ペットにはタマネギを含む食品を摂取させない様、注意が必要。
《タマネギの栄養効果》
 ◎野菜の中で最も糖質が多い!
  果糖、ブドウ糖、ショ糖がほぼ同量ずつ含まれる。
  糖類はほとんどがエネルギー源として消費される。
 ◎カリウム、亜鉛、リン、ビタミンB1、B2、Cなどを含む
 ●塩化アリル 
  ・高血圧や糖尿病に
  (高血圧、糖尿病、動脈硬化、脳血栓、脳梗塞などの予防に効果)
  ・疲労回復、精神安定に(ビタミンB1と結合での効果)
  ・食欲増進に
  (胃の消化液の分泌を高め、胃のはたらきを改善し、食欲を増進
   させる作用。)
 ●ケルセチンというポリフェノール成分→がん予防に
  ・抗酸化作用(がんや老化などの活性酸素が引き起こす病害の予防に。)
  ・ダイエットにも有効(体内に摂取した脂肪の吸収を抑制するはたらき)
《タマネギの効果》
 ●硫化アリル
  ・アミンという肉や魚の生臭みの成分と反応し、生臭みを緩和。
   「西洋のかつお節」と呼ばれるほど、旨み成分であるグルタミンが
    多く含まれ、肉や魚料理をおいしくしてくれる効果も。
  ・強い殺菌力。
   (辛みの強い玉ねぎほど傷みにくく、病害虫に強いのはこのため。)

イタリア料理やお肉料理に活躍大! ”ガーリックスパイス”

 今日はシングルスパイスシリーズの”ガーリック”の紹介です。

6)ガーリック
 ・原材料:ガーリック
 ・商品説明:パウダー状のガーリックのスパイスです。
        パウダー状なので素材にも馴染みやすく、料理に旨みやコクが
        生まれます。肉類の臭み消しとしても活躍!
        オリーブオイルとの相性が抜群なので、オリジナルのドレッシング作りや、パスタなどに。
 
 ・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(野菜スープ など)
       ご飯もの(チャーハン・ピラフ など)
       麺料理(パスタ、焼きそば、焼きうどん など)
       お肉料理に(臭みも消してくれます)
       お魚料理にオリジナルドレッシング作りに(オリーブオイルなどを加えて)

スパイス3スパイス4












 ・レシピ
 〈ガーリック香るカリカリベーコンサラダ〉
  ◎カリカリのベーコンがアクセントになって、シャキシャキの水菜との
   食感も美味しい、お酢の効いたサッパリとしたサラダです。
     ~材料~
  水菜           1/2袋
  ベーコン         1枚
  ガーリックスパイス  適量
  バター          10g
  オリーブオイル     大さじ1
  醤油           大さじ1
  酢             大さじ1
  黒胡椒         少々
     ~作り方~
 1. 水菜はよく洗い、3~4センチ幅に切る。ベーコンは粗いみじん切りにする。
 2. 水菜に酢を和えておく。
 3. フライパンにオリーブオイル、ガーリックスパイスを加え熱し、香りが出てきたらバターとベーコンを入れカリ   カリになるまで炒める。醤油をまわしいれブラックペッパーを振り掛ける。
 4. 2を皿にもり、3をかけてできあがり。

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★★
  (食欲を誘うような香りが広がります。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、疲れを癒して元気にしてくれる効果も期待できるので、料理にガーリック   スパイスを使ってみてはどうでしょうか。ニンニクパワーで元気に過ごしましょう!!
  料理活用度  ★★★★★
  (オリーブオイルとの相性が良く、パスタやビザなどイタリア料理に。またお肉の臭みを消してくれる効果もあ   るので、お肉の下味つけや焼く際にオリーブオイルに加えてみて下さい。
   岩塩や黒胡椒などとガーリックをブレンドした”ガーリックソルト”のありますので、こちらもどうぞ。)

(ニンニク豆知識〉
・ニンニクの薬効
 歴史:古代エジプト人…
    原産地である中央アジア、現在のインド北部から輸入し、ニンニクを栽培し、毎日のようにこれを食べて     疲労を回復し、世界七不思議といわれる巨大な建造物ピラミッドを造りあげたといわれている。
    (そのピラミッドの中から黒化したニンニクが最古の野菜として発見されている。)
    日本でも…江戸時代には、タニシの和え物や鳥獣肉の薬味に用いて、疲れを癒したといわれている。
 1.疲労回復効果
  ビタミンB1…疲労回復ビタミンといわれる
   糖質を分解してエネルギーにかえるときに必要な栄養素。
   不足すると糖質の代謝がスムーズに行われないため、疲れやだるさを感じるようになる。
   もともと水溶性のビタミンB1。
   すぐに尿から排泄されてなくなってしまう。
   ニンニクの香りの成分のアリシン+ビタミンB1
   →活性持続型ビタミンのアリチアミンになる。
   アリチアミン…体内でアノイリナーゼ菌による破壊を受けないので、ビタミンB1の吸収は格段に高まる。
   脂溶性にかわり、排泄されにくくなり、B1単独の場合に比べて疲労回復に一層の効果を発揮。アドレナリ   ン分泌を促して交感神経を刺激する作用もあり。
  →強壮作用。
 2.殺菌作用
  糸状菌、大腸菌などの殺菌作用。菌の出す毒素の中和作用を示す。
  消化性潰瘍や胃がんの原因菌ともなるヘリコバスター・ピロリを抑制。
 3.血栓予防効果
 4.動脈硬化予防
  動脈硬化を抑えて、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の予防に効果が期待できる。
 5.ガン予防
  活性酸素を抑制することによって、動脈硬化はもとより、
  ガンが予防される。ニンニクの活性酸素抑制能は強力。
  ニンニク多く含まれているイオウ化合物、アリキシン、テルペン、セレンなどがガンを予防。
・気になるニンニクの香りには…
  一緒にミネラルたっぷりの果物、野菜、牛乳、ヨーグルト
  をとると良い。それ以外には卵・チーズなどでも効果が。
  基本的に植物性より動物性タンパク質のほうがニンニクの消臭には効力があるといわれています。

香りを楽しみたい和風料理や和風デザート作りに ”柚子スパイス”

 今日はシングルスパイスシリーズの”柚子”の紹介です。

5)柚子
 ・原材料:柚子
 ・商品説明:柚子皮をパウダー状にした爽やかな香りのスパイスです。
        柚子のみの原材料なので、料理の味付けやお菓子作りなどにも活用いただけます。
        柚子を加えることで、いつもの味わいが和風仕立てに。
 
 ・使い方:炒め物に(野菜炒め、肉炒め、など)
       スープに(お吸い物、お味噌汁 など)
       ご飯もの(おにぎり、お茶漬け、チャーハン・ピラフなど)
       麺料理(うどん、そば、焼きそば、和風パスタ など)
       浅漬けに(きゅうり、大根、キャベツ、白菜 など)
       お肉料理に
       お魚料理に
       お菓子作りに
       ジュースやジャムに

スパイス2スパイス3




     
  
 



・レシピ
 〈柚子おろし〉
  ◎いつもの大根おろしに柚子スパイスを加えるだけ。
   お鍋のつけだれとして、焼き魚、フライやてんぷらにつけて等
   柚子の香りがプラスして、更にサッパリと召し上がって頂けます。
      ~材料~
  大根         適量
  柚子スパイス   適量
      ~作り方~
  1. 大根をすりおろし、水気を切っておく。
  2. 1に柚子スパイスをお好み加えて混ぜれば出来上がり!
  ※ ポン酢を加えて柚子風味のおろしポン酢にもオススメです。

 〈お鍋にピッタリ!柚子の鶏団子〉
  ◎柚子の香りの効いた簡単鶏の肉団子レシピです。
   パウダー状の柚子スパイスが、お肉にもよく馴染んで美味しく
   仕上がります!お鍋やスープでお楽しみ下さい。
      ~材料~
  鶏ひき肉     200g
  片栗粉      小さじ1
  柚子スパイス  小さじ1
  塩         少々
      ~作り方~
  1. 鶏ひき肉に片栗粉、柚子スパイス、塩を入れ、よくこねる。
  2. 1の肉だんごあんを、お鍋の具や、中華スープなどでお楽しみ下さい。
  ※ お好みで人参やネギなどの野菜をみじん切りにして加えても◎

 〈柚子大福〉
  ◎柚子の香りが広がるあんこを包んだ、おやつにピッタリのレシピです。
   包むお餅は、市販の切り餅を使うので、手軽に簡単にできます!
      ~材料(約5個分)~
  餅(市販の切り餅)  4個半(200g)
  砂糖           60g
  水             60g
  つぶあん         300g
  柚子スパイス      適量
  片栗粉          適量
      ~作り方~
  1. つぶあんに柚子スパイスをお好み量加えよく混ぜ合わせ、5等分し、
    丸めておく。
  2. 水(分量外)でぬらした餅を、耐熱ボウルにいれ500Wで3分半加熱
    する。
  3. 手にも片栗粉をつけ、餅を二つ折りにし、細長い感じにまとめ、5個に
    分ける。
  4. 打ち粉に片栗粉をつけ、3で分けた生地一つを丸く伸ばし、中に1のあんこを1個づず包み出来上がり!
  ※お好みでクルミなどを入れても◎

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (爽やかな香りが広がります。少し苦味のある柚子皮ですが、とても香りが良く、爽やかです。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (低カロリーなのはもちろんのこと、色々な栄養効果も期待できる柚子。
   爽やかな香りで、揚げ物などのサッパリと食べられそうですね。)
  料理活用度  ★★★★★
  (柚子のみの原材料なので、柚子の香りを生かしたい料理に少し加えてみて
   下さい。お菓子作りにくわえても、和風のデザートに変身!柚子の香りが食欲を誘います。
   柚子と岩塩をブレンドした”柚子ソルト”もありますので、こちらもどうぞ。)

〈柚子豆知識〉
 ・科名:ミカン科
 ・花言葉:健康美
 ・柚子栄養効果
   ・有機酸類(クエン酸・酒石酸・りんご酸)
    酸味がとても強い柚子の中にはクエン酸、酒石酸、りんご酸などの有機酸類が多く含まれている。
    →疲労回復、肩こり、筋肉痛を予防。
     胃液分泌の働きを助け胸やけ、胃痛を解消する働き。
     肝臓の働きを円滑にする働き。
   ・ペクチン(タネの周りのヌルヌル)
    →血糖上昇の予防。
     コレステロール値のコントロール。
     毛細血管の働きを良くし、小ジワやシミ、ソバカスを防ぐ。
    クエン酸やビタミン類と相乗的に働くことによって…
    →リウマチや関節炎などの腫れ、痛みを緩和する働き。
     腰痛、ひざ痛、神経痛などの炎症性の痛みに作用。
     便秘・下痢の予防にも効果。
   ・リモネン・ノミニン・シトラール(香りの素・精油成分)
    →血液循環促進。
     のど炎症とせき緩和。
     皮膚がんの抑制効果。
     毛細血管を刺激し血行を良くする働き。
     新陳代謝を活発にする。
     →体がよく温まり、冷えに対して効果をもたらす。
     免疫力を高める作用。
     →風邪をひきにくくする。
     疲労回復や筋肉痛,神経痛、リウマチ痛などの痛みの緩和。
     抗腫瘍作用。
     鎮痛作用。
     抗炎症作用。
     殺菌作用。
    リモネン…皮膚に膜を作り、肌の水分を逃がさないようにする。
    →保湿作用。
   ・ビタミンC・P・A・D・フラボノイド(抗酸化作用)
    →病気の原因となる活性酸素を消去する働き。
     血中コレステロールの低下。
     抗ウイルス作用。
     抗ガン作用。
    ビタミンP
    →血圧低下。
     脳卒中や、心筋梗塞の発作予防の働き。
    ビタミンC
   (柑橘類でトップの含有量。
    リンゴの40倍、ハチミツの1.5倍、レモンやミカンの
    3倍~4倍と言われている。)
    →風邪、神経痛治療と予防に効果。
     二日酔いを解消。
     腸の異常発酵を予防して除去。
     疲労回復、ストレス解消。
     皮膚美容。
     食欲増進。
    ビタミンA
    →皮膚を美しくすべすべにする。
    ビタミンD
    →動脈硬化・高血圧予防。
     肝解毒・抗アレルギー効果。
   ・リモノイド(苦味成分)
    →発癌抑制効果。
     悪玉コレステロール抑制効果。
   ・ヘスペリジン(皮の成分)
    →毛細血管を丈夫にする作用により…
     脳血管障害による病気の予防と治療に効果。
     老化を防ぐ。
   ・カルシウム(骨)
    →子供の骨格形成。
     骨粗しょう症の予防効果。
   ・アミノ酸(人間の体の約20%はアミノ酸)
   ・セリン
    →皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主成分。
   ・アラニン
    →脂肪の燃焼に関わっている。
   ・アスパラギン酸
    →体内の老廃物の処理。
     肝機能の促進。
     疲労回復。
   ・グルタミン酸
    →知能を高める。
     潰瘍の治癒を早める。
   ・アスパラギン
    →アスパラギンは加水分解されるとアスパラギン酸に変化。
   ・グルタミン
    →筋肉のたんぱく質合成を助けます。
   ・プロリン
    →脂肪の燃焼に関わっている。
   ・ヒスチジン
    →成長に関与し、神経機能の補助、紫外線の害を防ぐ。

お菓子作りなどに活躍大! ”シナモンパウダー”

 今日はシングルスパイスシリーズの”シナモン”の紹介です。シングルスパイス
パン













4)シナモン

 ・原材料:シナモン
 ・商品説明:香り高いシナモンをパウダー状に。桂皮・ニッキとも呼び香料としてお菓子作りに加えたり、肉の          臭味消しにも(肉にもみこんでおくと味に深みがでる)。
        りんごや桃などのフルーツとの相性は抜群です。
        コーヒーや紅茶などに加えても、独特な風味がプラスされます。

 ・使い方:・トースト、パンプディング、フレンチトーストなどに
        アレンジ:+ハチミツ
              +バナナ
              +リンゴ
              +さつまいも
              +かぼちゃ
       ・焼きリンゴ
       ・さつまいも(ふかして柔らかくしたさつまいもにプラス)
       ・かぼちゃ (   〃      かぼちゃにプラス)
       ・手づくりジャムに加える(シナモンの香りがいいアクセントに)
       ・飲み物に加える(紅茶、ミルク、コーヒーなど)
         オススメ紅茶:シナモンの紅茶
                  アップルの紅茶         
                  バナナの紅茶
                  チョコレートの紅茶
       ・お菓子作りに(シナモンが甘さを引き立ててくれます。)
 
 ・レシピ
 〈ハチミツシナモンヨーグルト〉
  ◎シナモンの香りが広がる、朝食などにピッタリの簡単レシピです。
    ~材料(1人分)~
  ヨーグルト       100g
  はちみつ        小さじ1
  シナモンパウダー   たっぷり
    ~作り方~
  1. 器に、ヨーグルトを入れ、はちみつをかける。
    シナモンはお好みで、たっぷりかける。
  2. よく混ぜ合わせて、できあがり!!

 〈簡単焼きりんご〉
  ◎りんごと相性の良いシナモンを加えた焼きりんごのレシピです。
   アレンジで、トッピングで生クリームやジェラードなどを添えれば
   アツアツのりんごとの味わいで、また違った味わいがお楽しみ頂けます。
    ~材料~
  りんご      1個
  シナモン    お好み量
  バター      10g
  砂糖       大さじ1
    ~作り方~
  1. 少し柔らかくしたバターに砂糖を加えよく混ぜ、シナモンを好きな量を加えて混ぜる。
  2. りんごを良く洗い、竹串やフォークで、30個所以上まんべんなく穴を開ける。
    上から1~2㎝くらいの所を切り、蓋を作る。
  3. 小さいスプーンで、突き抜けないように、りんごの芯をくりぬく。
  4. くりぬいた穴に、1で合わせておいたバターを詰めて、切っておいた
    りんごの蓋をかぶせ、耐熱皿やアルミホイルを敷いて180度に熱したオーブンで約30分焼く。

 ・採点(★5個→満点)
  美味しさ度  ★★★★
  (香りがとても良いです。少量でも香りが広がります。)
  低カロリー度 ★★★★★
  (キッチンシュガーとは違って、お砂糖などが入っていないので、
   シナモン自体は低カロリーです。
   また、発汗作用や消化器系に働きかける効果も期待できるシナモン
   なので、トーストなどにふりかけたり、お飲み物に加えるなど、日々の食生活に取り入れてみてください。)
  料理活用度  ★★★★★
  (砂糖との相性がよく、甘みを引き立ててくれるシナモン。お菓子作り
   などに活用下さい。お砂糖とブレンドした”シナモンシュガー”もありますので、こちらもどうぞ。)

〈シナモン豆知識〉
 シナモン:熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹の名。
       またその樹皮から作られる香辛料の名。(香辛料:樹皮を剥がし、乾燥させたもの)
 歴史:最古のスパイスといわれている。
     紀元前4000年ごろからエジプトでミイラの防腐剤として使われていた。日本には8世紀前半に伝来。
 特徴:独特の甘みと香り、そしてかすかな辛みがある。
     砂糖と特に相性が良く、甘みを引き立てる。
 効果:シナモンの一種のシナニッケイの樹皮は桂皮とも呼ばれる生薬。
     ・体を温める作用
     ・発汗・発散作用
     ・解熱作用   
     ・健胃作用
     ・消化器系の機能を活発にする作用
     ・鎮痛作用
     ・リラックス効果(不安やストレスの軽減)
     ◎風邪の諸症状や消化不良、下痢や吐き気などに効果あり
     ◎体内のインシュリンを活性化させ糖を全身に運び血糖値を下げる効果発見