日本茶の美味しい飲み方 
the way of dorinking with delicious nihon tea


日本茶の美味しい飲み方

○おいしいお茶を飲むためには、60~65度ぐいらいの温度で飲む。

○おいしいお茶を飲むためには、水が大切。

○おいしいお茶を飲むためには、二回お湯を入れ替えたら、 新しいお茶の葉に取り替える。

お茶を入れるときの水は、軟水=自然の湧き水や清水、井戸水などが一番よいといわれています。
しかし、現実にこうした水を日常で使用するのは無理です。ここで、水道水で美味しく飲めるコツを紹介します。

 水道水は消毒用の塩素が含まれています。この塩素を取り除く事が美味しいお茶を味わうコツです。

①1~2時間ほど水を汲みおきします。

②沸かした時に、夜間のふたを取った状態で3分ほど沸騰させる。

 この処理で塩素のカルキ臭はほとんど消えます。また、最近では、各地の名水が販売されているのでそれ
 を利用してもよいでしょう。
玉露の美味しい飲み方

1・沸騰したお湯を湯冷ましに注ぐ。

2・ 急須と茶碗にお湯を注ぎ暖める。

3・ 急須のお湯を捨て人数分用意した茶葉を入れる。

4・ 程よい湯温になった湯冷ましのお湯を急須に注ぎ2分半ほどじっくりと蒸らす。

5・ 茶碗のお湯を捨て急須の茶を注ぎ分ける。

6・ 茶碗の底を拭き茶托に乗せる。二煎目以降は、温度を高くし時間は半分にする。
薄茶の美味しい飲み方

1・茶碗の正面を手前にしておく。お湯を注ぎ暖める。

2・茶碗のお湯を捨て抹茶を二杓ほど入れる。 沸騰して一呼吸おいたお湯を静かに注ぐ。

3・茶筅で抹茶のダマをつぶすようにしてから茶筅を前後に動かしてすばやく混ぜる。

4・細かい泡が全体に立ったら茶筅の動きを緩め最後に「の」の字を書くようにして茶筅を引き上げる。

5・ 茶碗を左の手の平にのせ茶碗を左回りに2回まわし茶碗の正面を客のほうに向け右手人差し指で差し出す
冷煎茶の美味しい飲み方

1・急須に人数分の茶葉を入れる。

2・冷やしておいたミネラルウォーターを注ぎ十分に茶葉が開くまで数分おく。

3・グラスに注ぐ氷を入れてもよい。

4・ 急須と茶碗に沸騰したお湯を注ぎ、暖める。

5・沸騰したお湯を注ぎ30秒ほどおく茶碗のお湯を捨て茶漉しを使って注ぎ分ける。

6・ 粉茶の場合は茶漉しで直接茶碗に入れてもよい。
おいしく飲むために

保存方法
開封したお茶は、1週間で香りが飛び、1ヶ月で味が落ちるとされてます。茶葉は、空気に触れると劣化していきます。日本茶の大敵は、湿気と光、熱です。開封後は、密閉できる茶筒に入れて冷暗所で保管します。ステンレスか木製の茶筒で内蓋つきのものが適しています。木製のものは湿気を吸収する働きがあります。茶筒がない場合は、ジッパーつきの袋がよいでしょう。茶の変質を防ぐために冷蔵庫に保管することは良いことです。ただし、急激に温度が変化すると容器の表面に水滴がつくので冷蔵庫から出しても、すぐに罐をあけず、自然に常温に戻してから使うようにしましょう。
古くなったお茶は、油のひいていないフライパンで炒って、ほうじ茶として楽しめます。
急須
日本茶は、茶葉の種類によって急須を使い分けるのがおいしさの秘訣です。湯の温度や量、急須の大きさで味が微妙にかわってきます。玉露や煎茶、茎茶など、少な目の低温の湯でじっくりうまみを引き出すお茶は、小さめの急須を使います。番茶やほうじ茶、玄米茶など、熱湯をたっぷり入れ一気にうまみを引き出すお茶には、大き目で厚手の急須が適しています。急須の内側の茶こしの部分は、穴が細かくあまりふくらんでいないものが良いですが、土瓶は逆に穴が大きくふくらみのあるものを選びます。
茶碗
急須同様、茶碗も茶葉の種類によって使い分けることがおいしいお茶を楽しむ秘訣です。玉露や煎茶、茎茶のように低温で入れ、色や香りも楽しむお茶は、薄手で小さめ、内側が白い茶碗が適しています。磁器製のものがよく使われます。番茶やほうじ茶、玄米茶のように熱湯で入れるお茶は、厚手で大きめの茶碗が適しています。陶器がよく使われます。素材や色、形、大きさ、重さなど、多種多様な茶碗があります。ちょっとぜいたくに京焼清水焼や九谷焼などの美しい湯呑茶碗を使うと、一層おいしくお茶が楽しめるではないでしょうか。
煎茶の入れ方

新茶や上級の煎茶は、70℃くらいの低温で入れるとうまみや甘み、色合いを引き出すことができます。普通の煎茶は
90℃前後が適しています。
熱湯を茶碗に入れて、茶碗を温めると同時に適温まで湯をさまします。急須に適度な量の茶葉を入れます。1杯につき
2~3グラムが目安です。適温までさました茶碗の湯を急須に入れ、1~2分(深蒸し茶は30秒)蒸らしてから、温めた
茶碗にお茶を注ぎます。急須に湯を入れるときは6~7分目を目安とし、蓋との間に隙間をもたせるようにします。
急須を軽く上下に振って、最後の一滴まで注ぎます。湯の量は、上級煎茶1杯60ml、普通の煎茶1杯90mlが目安です。
2煎目は、お湯を入れてから10秒位待ちます。
玉露の入れ方

最高級の玉露は、50℃前後、普通の玉露は60℃前後の低温でじっくり入れると、うまみを引き出すことができます。ぬるめのお湯で、旨味成分のテアニンを引き出すことが重要です。湯冷ましを使用すると湯が早く冷めます。熱湯を茶碗に入れて、茶碗を温めます。茶碗の湯を急須に入れ、急須を温めてから、急須の湯を湯冷ましに移します。繰り返すと湯が早く冷めます。急須に適量の茶葉を入れます。1杯3g前後が目安です。急須に湯冷ましの湯を入れ2分程度蒸らしてから、茶碗に注ぎます。急須を軽く上下に振って、最後の一滴まで注ぎます。1杯30~40mlが目安です。
2煎目は冷ましたお湯を入れてから30秒位待ちます。
ほうじ茶の入れ方

ほうじ茶の入れ方は、大き目の急須に一気に熱湯を入れて香りを出すのがポイントです。急須に適量(1杯3g程度)の茶葉を入れます。急須に一気に熱湯を入れ、蓋をして15~30秒蒸らしてから、急須の中を見て茶葉が開いているのを確認し、茶碗に注ぎます。湯の量は、1杯120~130mlが目安です。2煎目は、急須からすぐ茶碗に注ぎます。番茶も同じ入れ方です。お茶の有効成分は、2回目でほとんど出つくしますので、それ以降は茶葉を取り替えます。古くなったほうじ茶は、フライパンで軽く炒りなおすと香りがよみがえります。
粉茶の入れ方

粉茶は、短時間で濃厚なうまみが出るので、茶こしを使って直接茶碗に入れます。
熱湯を茶碗に入れ、茶碗を温めてから湯を捨てます。茶こしの中に茶葉(1杯2g)を入れ、茶こしをの下に茶碗を当て、熱湯を注ぎます。茶碗に130ml前後注いだら、茶こしを持ち上げ軽く振ってお茶を注ぎきります。
急須を使う場合は、茶葉を入れ熱湯を注いだら、すぐに茶碗に注ぎます。急須を振って最後の1滴まで絞り出して下さい。熱湯で入れるので、陶器の大きめな湯飲みを用意すると良いでしょう。
寿司屋の定番のお茶で、濃いのにさっぱりとした味わいは、お寿司やお酒の後にピッタリのお茶です。
日本茶の効果
タンニンはお茶の渋みで解毒の効果を持ちます。これは渋みがたんぱく質を凝固させる性質を持っており、この働きが殺菌効果をもたらすからです。いま話題になっているカテキンは、タンニンの仲間で、渋みが人の体内では大変有効に働いていることが明らかになりました。

また肥満のもとになる悪玉コレステロールを分解し、肥満防止に効果が発揮されます。昭和大学医学部の島村教授の研究から「0-157に緑茶が効く-カテキンに殺菌作用がある」と発表され注目を集めました。インフルエンザの予防にお茶のうがいがよいとお茶の持つ抗菌作用が認められました。

またお茶を飲むとコレステロールが除去され血行がよくなり血圧が下がる、ガンなどの予防にお茶が役立つというような統計も出ています。

カフェインは、苦味があるがタンニンの渋みと合わさるのでカフェインだけ感じることは極めて少なくなり、また覚醒作用を持っています。人体にとっては、胆汁の主要成分となり五臓にとって主要な働きをします。利尿効果があるのは腎臓の血行がよくなって、尿がどんどん作られるようになるからです。

アミノ酸は、緑茶に多く日本茶の主要成分です。タンニンとアミノ酸のバランスによってその味が微妙に違っています。飲んで甘味を感じる成分がテアニン〔アミノ酸〕です。

このテアニンは、大脳の働きを助ける効用を持って、頭をよく使う人や受験生にとって日本茶がもたらす効果はとても大きいものです。テアニンは、太陽光線を少なくしたほうが多くなります。だから茶摘時期に茶畑に被覆をし、太陽光線を制限して品質の向上を図っています。

ビタミンおよび微量成分として日本茶には、ビタミンCがたくさん含まれています。ビタミンCには壊血病の予防に効果があります。日本茶にはこのほかに、ビタミンА、D、E、B1、B2が含まれており、これらのビタミンが相乗効果を発揮して人体にその効用が表れます。

その他微量成分としてカリウム、マンガン、りん、亜鉛、銅、セレン、フッ素、も含まれています。フッ素は虫歯予防に効果があり、亜鉛、銅、セレンなども成人病、ガン、老化防止などに作用しているのではないかという研究発表もされ、お茶が、人の健康体を守る「機能性食品」として認められるようになりました。
煎茶をはじめとする緑茶には、タンニン、ビタミン類、カフェイン、テアニンが多く含まれています。タンニンには渋みの1種で、主にポリフェノールの1種のカテキン類を含んでいます。
近年、このカテキンに抗がん作用があることで、注目されています。
また、日本茶にはがん予防のビタミンである、β―カロテン(体内でビタミンAに変わる)ビタミンC・Eが豊富であります。

その量は、ビタミンCはらほうれんそうの3~4倍、ビタミンEは約20倍、β-カロテンは人参の約10倍も含まれています。これらのビタミン類がカテキンと結びつくことで、効果が増大するのではないかといわれています。カフェインは苦み成分です。カフェインは眠気さまし、 頭をすっきりさせます。
テアニンはアミノ酸の1種で甘みや旨みの成分。日本茶の甘みや旨みはテアニンが形成しています。テアニンには血圧上昇制制、脳・神経機能調整作用があります。

このほか日本茶を飲むことで、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラル分ほか、食物繊維やクロロフィル(葉緑素)なども摂取できます。

日本茶の成分は、種類や茶葉の収穫時期によって異なります。新茶はテアニン、ビタミン類が多く、夏ごろ摘まれる2番茶、3番茶になると、タンニンやカフェインが多くなります。

日本茶のカテキンは、抗がん作用だけではなく、さまざまな効能・効果が報告されています。
抗菌作用。
食中毒の原因となるボツリヌス菌、フドウ球菌、O-157に対する殺菌作用とO-157が産生するペロリ毒素に対する抗毒作用を合わせもっています。
さらに、かぜウィルスに直接作用し、その活動を弱める効果や糖尿病予防、脂肪分解を促進させるダイエット効果、消臭効果などあります。
カテキン以外にも、日本茶には含まれているビタミンCによる美肌効果、フッ素による虫歯予防効果が期待できます。また、ミキサーなどで細かくしたり市販の食用茶などを料理に取り入れて葉茶Wを食べれば、豊富な食物繊維が腸を整える働きをしてくれます。
お茶は、薬との併用や就寝前の飲料などは避け、空腹時には薄めにしていただきます。
また、飲むときには常に淹れたてのお茶にすることなどに注意すれば、日本茶は体にすばらしい効果をもたらします。
ストレス解消
日本茶には、ストレスをやわらげる働きがあるビタミンCが豊富なのでストレス解消にも効果が期待できます。特に、抹茶、前茶、玉露などの緑茶にはビタミンCが多く含まれています。また、お茶を飲むだけではなく茶香炉などを使って日本茶の香りを立てるのも、
ストレス解消に効果的です。
日本茶の香りには数百種類の香気成分があります。なかでも 青葉アルコール 青葉アルデヒドには気持ちをおだやかにする効果があります。

美肌老化防止
日本茶に含まれるビタミンCは、新陳代謝を活発にし、シミやソバカスの原因となる
メラニン色素の沈着を防ぐ効果があります。
野菜や果実のビタミンCは熱に弱いのに対し、日本茶に含まれるビタミンCは熱に強いのが特徴です。さらに日本茶に含めれるビタミンEには、抗酸化作用、動脈硬化抑制作用があるので、老化防止に効果があります。
ビタミンが豊富な抹茶、煎茶を毎日摂取すると良いでしょう。

血圧調整
脳卒中、心筋梗塞、腎不全などを引き起こすおそれがある高血圧。
日本茶に含まれるカテキンやテアニン r-アミノ酸(GABA)には血圧上昇抑制作用が
あり、高血圧予防に効果的です。また、全身の血液循環が悪くなった時に引き起こし
やすいのが、低血圧。
低血圧には、生活習慣の見直しが大切ですが、日本茶に含まれるカフェインには、血液循環促進作用があるので、低血圧の予防につながります。

疲労回復 覚醒作用
中枢神経刺激作用のあるカフェイン。日本茶に含まれるカフェインが疲労回復に
作用します。仕事や勉強の合間に飲んだり、スポーツの水分補給にも最適です。

また、カフェインに大脳刺激作用があるので覚醒効果があります。眠気覚ましや、朝起きたときに飲むことで、頭がスッキリしまうす。ただし、カフェインは寝る前を大量にとると胃を刺激しすぎてしますますので就寝前、空腹時に濃いお茶を飲むにはやめましよう。

かぜ予防

抗菌、抗ウィルス作用、カテキン類がたくさん含まれている日本茶を飲めば、かぜのウィルスの活性化を抑えてくれます。外出から戻ったら、緑茶でうがいすればかぜの予防になります。

口臭・虫歯予防
歯磨き粉やガムに含まれているフッ素やフラボノイド、カテキン類は抗酸化作用が
あるので、虫歯予防に効果があります。これらの豊富に含まれている日本茶を、
食事中や食後に飲むことで虫歯が予防されます。
また、カテキンの殺菌、消臭効果により口臭予防効果もあります。