お茶のよくある質問 
The question which often has tea

お茶のよくある質問
1.ハーブテイーについてよくある質問

質問] ハーブティーにはカフェインが含まれているのですか

[回答] ハーブティーにはカフェインは含まれていませんので、夜就寝前に飲んでも眠れないということはありませ ん。
また健康にもいいですね。子供さんからお年よりまで安心して飲むことができます。

[質問] 妊娠中にハーブティーを飲んでも大丈夫ですか。

[回答] 流産の心配もなく、順調な妊娠を継続しているのであれば、一日一杯程度のハーブティーを飲むことはさしつかえ
ありません(よほど特殊なハーブ、または作用の強すぎるハーブ以外は)。
下記に妊娠中にお勧めのティーと飲んではいけないティーの例をあげておきます。
妊婦さんに勧める場合の注意としては、ハーブの香りをかいでもらって、好きなハーブを選んでもらうとかにして、極端に
不安がる場合は無理強いしないことです。

☆妊娠中にお勧めのティー

ラズベリーリーフティー、フェンネルティー
ペパーミントティー、レモンバームティー、マロウティー、カモミールティー、
タンポポティーローズティー、リンデンティー、カモミールティー

☆妊娠中摂ってはいけないハーブ

・セージ⇒強壮作用が強いため
・ローズマリー⇒覚醒作用が強いため
・アロエ⇒緩下作用が強くなり下痢をしやすい
・コンフリー⇒性ホルモンを刺激するため

[質問] ハーブティーを毎日多量に飲むのはよくないでしょうか。

[回答] ハーブティーは普通のお茶を飲む感覚で薬効も取り入れられるところが利点ですね。しかし、薬効ばかり追い
求めるとつい飲みすぎて、かえって悪影響を及ぼすことがあります。
カモミールやワイルドストロベリー、ラズベリーリーフなどは子供でも妊婦でも比較的安心して飲めますが、セージ、
ローズマリー、タイムなどは成分が強いので一日一杯が目安です。
その他のティーも一日2杯程度が適量です。
また、下記にあげたハーブは人によっては多量に取りすぎたり、長期間続けて摂取するとよくないとされるものです。念のため
当店では取り扱っていません。

☆多量にとりすぎてはいけないもの

・アロエ⇒下痢をともなう
・コンフリー⇒性ホルモンを刺激する
・パセリ⇒流産を引き起こすことがある
・ヤロウ⇒頭痛、目まい
・レモンバーベナ⇒胃を刺激
・ローズマリー⇒覚醒作用が強くでる
・セージ⇒強壮作用が強く出る
・ジンジャー⇒皮膚を刺激する
・ナツッメグ⇒幻覚症状を起こすおそれ

☆禁忌

・リコリス⇒高血圧症の人
・ペニーロイヤル⇒妊産婦や腎臓病の人
・ローズマリー⇒高血圧症、甲状腺機能障害のある人
・ルバーブ⇒腎臓結石のある人
・ジュニパー⇒妊産婦、腎臓病の人

[質問] ハーブティーを初めて飲んでみたのですが、独特の味になじめませんでした。飲みやすくなる
方法はありますか。

[回答] ハーブティーにはそれほど強い味はありませんので、おそらく香りに不慣れだったのでしょう。
ハーブをいくつかブレンドしてみると飲みやすくなります。一般に飲みにくいハーブティーの場合には、ドライのミントを
加えるとよいといわれています。
また、紅茶とブレンドするのも飲みやすくする方法です。紅茶をティースプン1杯にたいしてハーブを1/2杯の割合で
ブレンドしてください。夏場は冷やしてアイスティーにするとより飲みやすくなります。
また、ハーブティーを飲みつけないうちは、濃い目のティーはおいしいとは感じにくいでしょうから、むしろ薄めのものから
慣れていくことをお勧めします。
どうしてもダメな場合はティーとして飲むのはあきらめ、ポプリやサシェとして香りを楽しみましょう。

[質問] ハーブティーに砂糖を加えて甘味をつけたいのですが。

[回答] 自然のお茶ですからそのままストレートの味を楽しんでいただきたいのですが、少し甘味をつけると飲みやすく
なりますし、疲れたときは甘味がほしくなるものです。
砂糖よりも三温糖のような自然に近いものや蜂蜜などがよいでしょう。またメープルシロップなどもお勧めです。
蜂蜜をハーブティーに入れるとお茶の色が濁ることがあります。これはハーブに含まれるタンニンと蜂蜜に含まれる鉄分が
結合するためです。このこと自体は別に害ではありませんが、色も楽しみたいということであれば、鉄分抜きの蜂蜜も市販されて
いますので、これを利用するのも方法です。

[質問] ラベンダーティーを作ると灰色になってきれいな色が出なくて、味もおいしくありません。

[回答] ラベンダティーの紫をきれいに出すのは難しいものです。紫色を濃くしようとすると、ラベンダーの香りが強くなりすぎて
飲みにくくなってしまいます。レモン汁を少量入れてみると紫がかったピンク色に仕上げることができます。

[質問] カモミールティーを作りましたが、苦いのですが。

[回答] おそらくハーブの分量が多すぎたためと思われます。また熱湯を注いでから時間が経ちすぎたのかもそれませんね。
また、ハーブティーに不慣れということも考えられます。好みにもよりますが、日本茶や紅茶にカモミールをブレンドして飲用して
慣れていく方法もあります。

[質問] ハーブの茶葉の保管の仕方は。

[回答] 使用した残りは密閉容器か袋に入れて、冷暗所に保管します。高温多湿や直射日光は香りも素材自身をも損ない
ますので要注意です。冷蔵庫で保管するときには、他の食品のにおいが移らないようご注意ください。当社のジッパー袋の口を
閉めれば密封ができますので便利です。

[質問] 牛乳と良く合うハーブティーはありますか?

[回答] ミルクにあうハーブですが、カモミール、ペパーミント、リンデンなどがあります。
有名なのはカモミールのホットミルクでしょう。

作り方ですが、
牛乳:カップ1杯
ハーブ:ティースプン1/2
ミルクパン(手鍋)に牛乳とハーブを入れて火にかけます。
弱火で加熱して沸騰直前に火を止めます。
蓋をして1~2分蒸らすとよりエキスがでます。
茶漉しでこしながら温めたカップに注ぎます。
ハーブを飾りに浮かべてどうぞ。

[質問] ブルーマロウのお茶をにレモンを入れるとどうして色が変わるのですか?

[回答] ブルーマロウの花の色素が酸性、アリカリ性によって色が変化するので、ティーの色がそのように変化して見えます。
紫陽花の花の色も土壌の酸性度、アルカリ度によって色がちがったりします。
ブルーマロウの場合、酸性になると(レモン汁を入れる)色素が青からピンクへ変化するので、あのような色の変化を楽しむこ
とができます。

     
2.紅茶についてよくある質問

質問 : 紅茶は何故充分な抽出時間をとらないといけないか。
 抽出時間とは、茶葉に湯を注いでから待つ時間の事です。
 茶葉の美味しさをひきだすには、その茶葉に適した抽出時間が必要です。
 時々茶漉しネットに入れた茶葉の上からサーと熱湯をかけてはい出来あがり
 という方がいますが、その入れ方で出来るのは色付きの湯だけです。

質問 : 2番煎じの紅茶は駄目ですか。
 紅茶は緑茶、ウーロン茶と異なり、2番煎じは不可です。
 1度抽出した後の茶殻に再び湯を注いでも、薄い色付きの湯しか出来ません。

3.中国茶についての質問

Q、プーアール茶って何ですか?

中国のお茶屋さんで、ダイエットのお茶はどれかと聞くと十中八九プーアール茶を薦められると思います。プーアール茶は緑茶を黒こうじ菌で時間をかけて醗酵させた醗酵緑茶で、中国茶の中では黒茶に分類されます。

Q、プーアール茶とダイエットプーアール茶の違いは?

カテキンの機能にはすばらしいものがありますが欠点は渋みです。カテキンはお茶の渋み成分でカテキンの含有量が多いほど渋くて飲みにくいのです。
それを解消する為に 世界中のお茶を研究の末、黒こうじ菌で茶葉を醗酵させ渋みを消すプーアール茶に出会ったのです。しかしこの製法にはカビの嫌な臭いが残る欠点があるのです。そこから約三年このカビの臭いを消す研究がはじまり、高圧釜の中で一瞬のうちに蒸気で殺菌する製法にたどり着きました。そして販売してみたところ「ダイエットが楽しくなった!」のお便りを驚くほどが多くいただいたので、さらに没食子酸や重合カテキンを強く意識して作った商品をダイエットプーアール茶として販売しています。

Q、ダイエットプーアール茶は安心して飲めるの?

ダイエットプーアール茶の原料は、山の中に野生の茶樹がいたるところに自生している茶樹発祥の地といわれてる地域で作られます。
ほとんど自然に近い状態で栽培、製造されています。


Q、ダイエットプーアール茶ってどうなの?おいしいの?
新しいダイエット法が次々と現れては消えて行く、そんな時代に合っても変らぬ人気の「ダイエットプーアール茶」。コレさえ飲めば100%というわけではありませんが,いつものお茶をダイエットプーアール茶に替えるだけで「いつの間にかうれしい!」という健康的なダイエットを目指すお茶です。ただ今、ご愛飲の方は約80万人。もし誇大広告の商品なら絶対にこんな数字にならないはず。そんな方がドンドン増えているのが、なによりの証明と思います。「おいしくてゴクゴク飲める」「これなら楽に続けられる」など、など嬉しいお便りが続々と届いています。

Q、ダイエットプーアール茶の効果的な飲み方は?
とにかく毎日続けて飲むことが一番大切です。一日最低600ml~800ml位は飲んでいただきたいです。食事の前や運動の前に飲むのがおすすめです。食事の内容を変えたり、運動などを組み合わせたりすれば、さらによいでしょう。
ダイエットプーアール茶の成分は1煎目でほとんどでてしまいますので、ティーバッグはなるべく頻繁に取り替えるようにしてください。

Q、妊娠、授乳中でも飲んで大丈夫ですか?
カフェインの含有量も「日本の番茶、煎茶」に近く、刺激の少ないお茶ですから、普通の分量を飲んでいるだけなら問題ないと思います。各種ビタミンやミネラルなど健康維持に欠かせない成分も含まれ健康的なお茶です。
お茶で鉄分不足になるということは、ほとんどないと言われています。
ただし、鉄剤などと一緒に飲む場合はお医者様とご相談ください。

Q、ダイエットプーアール茶を飲んで実感できない場合の保証は?
飲み始めたがどうも続かない!どうも自分に合わないと思われたら、商品到着後30日以内でしたら、返品、返金、交換も自由です。返送料も伸ちゃんが負担します。半分飲んだ後でもかまいません。今すぐ、あなたの健康のためお試しください。
始めての方には、今なら特別に送料をサービスしています。
はじめてでない方も、この機会に今すぐはじめてください!!

    
4.昆布茶・コーラーゲン茶についての質問

質問 :  昆布は昔から身体に良いと聞いていますが昆布茶はどうですか。

  答え:昆布茶には食塩をはじめ、砂糖・調味料などを配合していますので、健康飲料というより嗜好飲料として、また、
  お料理の調味料としてご利用ください。
  
 質問 : 一日何杯ぐらい飲んでもよいのでしょうか

   答え:一日何杯までという制限はありませんが、昆布茶一杯分には約1.0gの塩分が含まれていますので、特に塩分
  を控えておられる方はご注意ください。 
 
質問 : 昆布茶は飲むだけですか?ほかに利用法はないのですか
 
  答え:お料理の調味料として、いろいろな料理のかくし味としてご利用いただけます。

  質問 : 昆布茶が湿って固まってしまいました、品質に変わりはありませんか。

  答え:湿気を吸って固まっただけなので、そのままお飲み頂いても、お料理の調味料としてもご利用いただけます。
 
 質問 :  昆布茶を利用したいのですが…塩分が気になります。

 答え:ふつうの昆布茶には一杯あたり約1.0gの塩分があります。 
昆布や海藻類にはカリウムやアルギン酸が含まれており、昆布茶に含まれる塩分のみならず、他の食品から
吸収された塩分を吸着して体外に排出する働きがあります。普段から食事の時に昆布をはじめとした海藻類を一緒にお召し上がりいただくことをお勧めします。

   
質問 : 昆布茶の賞味期限が過ぎたものは使えませんか

 答え:賞味期限が過ぎていても使えないことはありません。
     未開封の状態で中身がサラサラと音がしていれば利用可能です。
     昆布の風味は落ちてきていますので、そのままお飲み頂くよりはお料理などにお使い頂くことをお勧めします。
 
問 : 昆布茶にお湯を注いだ時に粉末がお湯の表面に浮いたようになることがあります
       が、どうしてですか

答え:それは粉末の昆布茶に沸騰したてのお湯、もしくは冷めてぬるくなったお湯を注がれたと考えられます。
ポットで保温状態(約98度)のお湯を注いでいただけばきれいに溶けます。

質問:昆布のぬめり成分は何ですか

答え:昆布などの海藻類には「アルギン酸」である“ぬめり成分”が含まれています。「アルギン酸」は水溶性の
食物繊維でもあり、不溶性食物繊維(野菜の食物繊維)に比べ消化器官に長くとどまり、いろいろな働きを
します。胃では昆布の食物繊維がゼリー状になることによって、胃の内容物が増えて胃から腸への移動が遅く
なり、ブトウ糖の吸収が抑えられます。腸ではゼリー状になったアルギン酸(食物繊維)がコレステロールや
塩分、発ガン性物質を包みこみ体外へと排出されていきます。昆布を少量ずつ食べることによって、大腸ガン・
大腸ポリープの予防になります。また、低カロリー食品ですから糖尿病の人の食べ物としてもすぐれていると言えます。

フコイダンとは、海藻の中でも、もずくやわかめ、昆布などの褐藻類に特有の”ぬめり”の成分です。フコース
という糖と硫酸基が結合した硫酸化フコースと、ガラクトースやマンノースなどの糖が多数連結している高分子
多糖類で、食物繊維の一種です。

◆フコイダンの作用 

 ■ がん細胞を自滅させる作用 (アポトーシス誘導作用)
 ■ 血液をサラサラにする作用
 ■ コレステロールを低下する作用
 ■ 腸内細菌の栄養源となり、腸のはたらきをよくする整腸作用
 ■ 胃潰瘍の原因菌であるピロリ菌を減らす抗腫瘍作用
 ■ アレルギーの改善や免疫を強化する作用
 ■ 抗高血圧作用
 ■ 抗ウイルス作用
 ■ 血糖上昇抑制作用
 ■ 便通促進作用

質問:昆布の栄養素は

 答え: 栄養素 昆布は 昆布は食べておいしいことはもちろん、カルシウムやビタミン、ミネラル、ヨードなど私たちの健康
に必要な栄養素がたっぷりと含まれているアルカリ性食品です。
特に高血圧や老化を防ぐ働きがあると言われるヨードが他の食品などより断然多く含まれており、また牛肉や牛乳と
比べてもビタミンやミネラルなども豊富で、各種の成分が非常に効率よく含まれております。血中のコレステロールを
下げるアルギン酸や、最近注目の食物繊維も多く、そのうえ低カロリーな『理想の健康食品』なのです。
 
牛肉の 牛乳の
カルシウム 142倍 71倍
ミネラル 19 23
鉄分 2 39
ビタミンA 17 5
ビタミンA1 7 16
ビタミンB2 19 3
ビタミンC 13 -

質問:昆布が健康に良い理由

答え:◆元気でがんばるお父さんには高血圧・脳卒中予防に!

昆布にはラミニンという特有のアミノ酸があり、これが血圧を下げる働きがあると知られています。
また、最近の研究でさらに昆布の炭水化物のアルギン酸が高血圧の予防に一役かっていることも明らかにされ
ました。アルギン酸は食塩の体内への取り込みを抑える働きをし脳卒中を防いでいるのです。

答え:◆健やかな子供の成長とストレスを乗りきる!

カルシウムを多く含む昆布は成長期の子供には必要不可欠といってもよい食品です。
カルシウムは精神安定剤のように作用する働きがあり、これが不足すると神経がうまく働かずイライラし、ストレス
に耐えられなくなり、集中力もなくなってしまいます。また、丈夫な骨格を形成するためにもカルシウムは大切な栄養素です。

答え:◆いつまでもきれいなお母さんには肌に潤いとツヤ!

昆布にたっぷり含まれるヨードは、ホルモンに作用し肌を美しくする働きがあります。また、酵素やタンパク質を作る
ミネラルとビタミン、貧血を改善し顔色をよくする鉄も多く含まれており、こうした栄養素はヨードと共に新陳代謝
をスムーズにし、皮膚に潤いとツヤを与え、シワを退治する効果があるといわれています。

答え:◆イキイキ健康家族には肥満を防ぐ!

肥満は高血圧・動脈硬化・心臓病など様々な成人病の原因になります。昆布の成分の炭水化物約49%のうち20%は
食物繊維、残りはアルギン酸です。食物繊維もアルギン酸も消化しにくい成分のため、腸の働きを活発にし便通をよく
します。アルギン酸は有害元素を体外へ排泄する働きがあります。また栄養素が豊富に含まれている昆布は、胃の中で
水分を吸収して量が増えるので満腹感も味わえる理想的なダイエット食品です。

Q:コラーゲンっていつ摂取すればいいの?

A:食事から摂取できるコラーゲンはもちろん、お茶の場合も、医薬品ではないので、絶対にいつ飲まなく
  てはいけないということはありません。
  ですが一般的に、睡眠中には皮膚組織や細胞の形成が行われたり、成長ホルモンが分泌されるため吸収が
  高まると言われています。コラーゲンはおやすみ前に摂られることをおすすめします。

Q:コラーゲン「ペプチド」ってコラ一ゲンとは違うの?

A:アミノ酸の集合体であるコラーゲンを加水分解して、分子量を小さくした高純度のたんぱく質が“コラー
  ゲンペプチド”です。また、分子量を小さくすることにより溶解性が向上しています。
 「コラーゲン」→「ゼラチン」→「コラーゲンペプチド」の順に分子量が小さくなり人体内に吸収されやすく
  なっていきます。

Q:コラーゲンを摂れば健康になれるの?

A:コラーゲンだけでは不十分です。やはり日常の規則正しい生活やバランスの良い食生活を心がけるのがいち
  ばん。ただし、コラーゲンは年齢とともに減少していくことが知られていますので、食事できちんと補って
  ください。軽い運動などでカラダの代謝を上げると、コラーゲンの合成能力が高まります。

Q:アレルギーは大丈夫?

A:コラーゲンはたんぱく質の一種であるため、動物や魚に対してアレルギーがある方は、摂取に十分な注意が
  必要です。『コラーゲンTEA』は魚由来の原料から作られていますので、アレルギーがご心配でしたらか
  かりつけのお医者様にご相談ください。

Q:妊娠中はコラーゲンを摂っても大丈夫?

A:コラーゲンは食品ですので、基本的には大丈夫です。
  妊娠中や授乳中の場合、無理して摂る必要がなければ、控えた方が良い場合もあります。
  一度かかりつけのお医者様に相談してみてください。

Q:コラーゲンは肌や骨、関節だけ?

A:肌や骨、腱などにコラーゲンが良いと言われていることはご存知だと思います。
  歯は骨と同様にカルシウムとコラーゲンでできています。また歯を支える歯根などの丈夫さを維持する役割
  も果たしています。目では、視力を調整する大切な硝子体にコラーゲンが豊富に含まれています。さらに角
  膜や目を支える筋肉にも存在しています。筋肉での細胞をまとめ上げ、束にする役割を果たしているのもコ
  ラーゲンです。筋肉の形状維持はコラーゲンのおかけです。内臓の胃や腸などの消化器官は、粘膜や筋肉で
  構成され、肌と同様にここでもここでもコラーゲンは組織を構成するのに役立っています。