ポプリ
  pot pourri

 ポプリ
<眠りの森の妖精(ローズ)ポプリ>


■原産国:パキスタン

■原材料内容:ローズレッド・ラベンダー・香料

■眠りの森の妖精について・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用
下さい。心身をリラックスさせてくれます。甘く落ち着いた香り。ローズの色・香りが楽しめます。

ローズレッド・・・
学名: Rosa
科名:バラ科
自生地:アジア
主に落葉性でとげのある茎と9枚以内の小葉からなる複葉をつけ、夏に芳香のある花を咲かせ、
秋には実をつけます。
甘く魅力的な香りと美しさをもち「花の女王」と讃えられるローズは、世界中に2万種を超える品種が
あるといわれますが、ヨーロッパに古くからある原種は5種でガリカ種、モスカータ種、ダマスケーナ
種、アルバ種、ケンティフォリア種があげられます。
かのクレオパトラは永遠の美と若さを保つため、毎日バラの花びらを、あふれるほど浴槽に浮かべて
入浴したそうです。そして、クレオパトラがバラをまき散らした寝所へシーザーを招いたことは有名
で、バラの寝所は大切な客を迎えた時の最高のもてなしであったようです。

<香りの効能>甘く上品で繊細な香りは、気分が落ち込んでいる時や不安な時など、口に含むと香
りが広がり、心身をリフレッシュして明るい気分にしてくれます。だから二日酔いの朝にもローズ
ティーはおすすめです。(アロマピアより)

ラベンダー・・・
学名: Lavandula officinalis
科名:シソ科
自生地:地中海沿岸
芳香のある常緑の多年草のような半低木。
有効成分:リナロール、フラボノイド、クマリン、タンニンなど
有用性:鎮痛、抗最近、抗痙攣、リラックス、神経強壮

ラベンダーのニックネームは“香りの庭の女王”と言われ、花は小さくても甘い芳香を放って、
とても存在感をアピールしています。
古代ギリシャやローマ人たちは、バスタブが紫色に染まるほどたくさんのラベンダーの花を浮かべて
入浴し、清潔を保ち傷を癒すのに役立てながら優雅なひとときを過ごしたそうです。
イタリアではラベンダーが花咲く季節には、その花の茂みに洗濯物を広げて香りを染み込ませながら
乾燥させる習慣があります。また花のない季節には、タンスや戸棚に乾燥して保存しておいたラベン
ダーポプリを入れて1年中香りを絶やさないそうです。芳しい香りをつけるだけでなく、殺菌や防虫
効果も兼ねた古代の人々の素晴しい生活の知恵ですね。
そしてアロマテラピーという言葉は、20世紀初頭フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で
火傷をおったときに、ラベンダーの精油を用いて回復したことから、この植物療法をアロマテラピー
と命名したのが始まりです。(アロマピアより)

<香りの効能>アロマテラピーでもっとも広く使用されています。不眠症頭痛やめまい、リラックス
効果も高く有名なハーブです。疲れをほぐし、安眠へとさそいます。

*眠りの森の妖精 採点*(★5個→満点)
使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:そのまま袋の口を開けて置くか、お皿に出してお使い下さい。
玄関やトイレ・お部屋にも手軽に使えます。)

リラックス度: ★★★★  (コメント:気品あるローズの香りが魅力的。お部屋の雰囲気も華やか
になります。心の緊張もほぐしてくれます。)

天然度  :  ★★★★ (コメント:天然のハーブを使用していますが、香料をブレンドしています。
飲料用ではありませんのでご注意下さい。)

■眠りの森の妖精で・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋など様々な場所でお使いいただけます。

* そのまま、袋の口をあけて置くか、お皿に出してお使い下さい。

* お気に入りの布にいれ、リボンをすればプチポプリの完成♪タンス・車・お部屋に置いてもOK。

* 香りがなくなってきたらローズオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れ
て入浴剤として楽しむのもOK

馨しく美しいローズの華やかな香りには抜群のリラックス効果が!バラの気品ある香りで贅沢気分に。
いつもお花をかざってるような空間を楽しめます。
マリアの花香る森(オレンジ)ポプリ>
  *お花畑の気分を味わえるポプリ・マリアの花香る森(オレンジ)*

■原産国:エジプト

■原材料内容:マリーゴールド・オレンジ・他・香料

■癒しの森の香りについて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用
下さい。心身をリラックスさせてくれます。柑橘系の中にも落ち着いた、ほっとする香りがします。

マリーゴールド・・・

学名: Calendula officinalis
科名:キク科
和名:キンセンカ、カレンジュラ
自生地:南ヨーロッパ、地中海沿岸
明るい橙色のデイジーのような花を咲かせます。
有効成分:カロチノイド、フラボノイド、ステロール、サポニン、粘液質、ステロイド化合物など
有用性:収斂、抗ウイルス、エストロゲン様作用、抗炎症、発汗、解毒、利尿

公園の花壇や家庭でよく植えられているのは園芸用の品種で、ハーブティーや薬用は、それよりもひと
まわり花の大きな品種のポットマリーゴールドです。
マリーゴールドは、ローマ人がいつも毎月の初めに、花が咲いているのを見て“カレンデュラ”
(カレンダー)という名をつけ、日本ではキンセンカの名でよく知られています。マリーゴールドは、
聖母マリアの祝日に咲いたので、「マリア様の黄金の花」とも呼ばれています。

日の出とともに花を開き、太陽を追いかけながら夕刻に花を閉じる習性があり、シェークスピアは
『冬物語』の中に「日暮れとともにベッドにつき、朝日とともに泣きながら起きる花」と記され、
花言葉も「悲嘆」で、明るい花のイメージとは、かけはなれていますね。

またインドやパキスタンなどイスラム教の国では、神にお供えする花として、ヒンズー教の寺院でも
祭壇に飾る花として、親しまれています。

■効能:
? 眼精疲労
? 眼病予防
? 解熱効果
? 肝機能低下

特に目に関する効能が高く、効能目的以外にも、マリーゴールドはサフランの代用品や若葉は食用として
も使われました。香りとしては気持ちを元気にしてくれます。また、虫除けの効果もあります。

■マリーゴールドブレンド商品: 
  心身を温めるTea、 パソコン仕事に飲むTea、 マリアの花香る森ポプリ

*癒しの森の香り 採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:そのまま袋の口を開けて置くか、お皿に出してお使い下さい。
               玄関やトイレ・お部屋にも手軽に使えます。)

元気度: ★★★★★  (コメント:フレッシュな香りは心を元気にしてくれます。)

天然度  : ★★★★★ (コメント:天然のハーブを使用し、香料も100%ナチュラルな花から抽出
              したアロマオイルを使用。ただし飲料用ではありませんのでご注意下さい。)

■マリアの花香る森で・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋など様々な場所でお使いいただけます。

* そのまま、袋の口をあけて置くか、お皿に出してお使い下さい。

* お気に入りの布にいれ、リボンをすればプチポプリの完成♪タンス・車・お部屋に置いてもOK。

*香りがなくなってきたら好みでオレンジオイルや柑橘系のオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に
 入れて入浴剤として楽しむのもOK

アロマオイルの香りとマリーゴールドの香りが混ざり合い、柑橘系の中にも落ち着いたお花の香りがし、
心落ち着く香りになっています。いつもお花をかざってるような空間を楽しめます。
<癒しの森の香り(ラベンダー)ポプリ>
   *癒しの空間を楽しむ・癒しの森の香り(ラベンダー)*


■原産国:フランス

■原材料内容:ラベンダー・他・香料

■癒しの森の香りについて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用下さい。
心身をリラックスさせてくれます。鎮静作用に優れたハーブをMIX!心を穏やかにしてくれるラベンダーの香り。

ラベンダー・・・

学名: Lavandula officinalis
科名:シソ科
自生地:地中海沿岸
芳香のある常緑の多年草のような半低木。
有効成分:リナロール、フラボノイド、クマリン、タンニンなど
有用性:鎮痛、抗最近、抗痙攣、リラックス、神経強壮

ラベンダーのニックネームは“香りの庭の女王”と言われ、花は小さくても甘い芳香を放って、
とても存在感をアピールしています。

古代ギリシャやローマ人たちは、バスタブが紫色に染まるほどたくさんのラベンダーの花を浮かべて入浴し、
清潔を保ち傷を癒すのに役立てながら優雅なひとときを過ごしたそうです。

イタリアではラベンダーが花咲く季節には、その花の茂みに洗濯物を広げて香りを染み込ませながら
乾燥させる習慣があります。また花のない季節には、タンスや戸棚に乾燥して保存しておいたラベンダー
ポプリを入れて1年中香りを絶やさないそうです。芳しい香りをつけるだけでなく、殺菌や防虫効果も兼ね
た古代の人々の素晴しい生活の知恵ですね。そしてアロマテラピーという言葉は、20世紀初頭フランスの
化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷をおったときに、ラベンダーの精油を用いて回復したことから、
この植物療法をアロマテラピーと命名したのが始まりです。(アロマピアより)

<香りの効能>アロマテラピーでもっとも広く使用されています。不眠症頭痛やめまい、リラックス効果も
       高く有名なハーブです。疲れをほぐし、安眠へとさそいます。

ラベンダーオイル・・・安全性が高く子供から老人まで安心して使用できます。薄めるとリラックスの香り
           で子供が寝つけないときに香らせるとよいです。

ラベンダーオイルは、ラベンダーの花穂から抽出された精油です。
安全性が高く用途も広いので、アロマテラピーでは代表的な精油であり、はじめて精油をお使いになる方
にもおすすめです。香りはフローラル系で、心をなぐさめ、リラックスさせてくれます。

心に対するはたらきとしては、中枢神経系のバランスをとるので、躁鬱的な症状に効果があるとされ、緊張感
やストレス、怒りをやわらげ気分をおだやかにしてくれます。

*癒しの森の香り 採点*(★5個→満点)
使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:そのまま袋の口を開けて置くか、お皿に出してお使い下さい。
                    玄関やトイレ・お部屋にも手軽に使えます。)

リラックス度: ★★★★★  (コメント:優しいラベンダーの香りが魅力的。お部屋の雰囲気も華やか
                     になります。心の緊張もほぐしてくれます。)

天然度  : ★★★★★ (コメント:天然のハーブを使用し、香料も100%ナチュラルな花から抽出した
                 アロマオイルを使用。ただし飲料用ではありませんのでご注意下さい。)

■癒しの森の香りで・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋など様々な場所でお使いいただけます。

* そのまま、袋の口をあけて置くか、お皿に出してお使い下さい。
* お気に入りの布にいれ、リボンをすればプチポプリの完成♪タンス・車・お部屋に置いてもOK。
*香りがなくなってきたらラベンダーオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れて入浴剤として楽しむのもOK

ラベンダー香りには精神安定・リラックス効果が!いつもお花をかざってるような空間を楽しめます。
<ローズの香りプチポプリ>

■原産国: パキスタン
■原材料内容:ローズレッド
■ローズの香りついて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用
下さい。プチポプリは身の回りの物の中に入れて香りを楽しんでください。ほのかなローズの香りを
自然に空間で楽しめます。華やかな香りを持ち、抜群のリラックス効果があります。イライラを押さ
える等、女性に優しい香り。

ローズレッド・・・

学名: Rosa
科名:バラ科
自生地:アジア
落葉性でとげのある茎と9枚以内の小葉からなる複葉をつけ、夏に芳香のある花を咲かせ、秋には実をつけます。

バラは世界中の人々から最も愛されてきた花の代表でしょう。中世以前から現代に至るまで、世界中で
観賞用にたくさんの改良品種が作られ私達の目を楽しませてきました。ハーブとしての利用も大変に長
い歴史を持ち、紀元前の古代ローマや古代エジプトなどでもすでに薬用植物として盛んに栽培され、
お茶やエッセンシャルオイルなどに加工さていたようです。
甘く魅力的な香りと美しさをもち「花の女王」と讃えられるローズは、世界中に2万種を超える品種がある
といわれますが、ヨーロッパに古くからある原種は5種でガリカ種、モスカータ種、ダマスケーナ種、アルバ種、
ケンティフォリア種があげられます。
かのクレオパトラは永遠の美と若さを保つため、毎日バラの花びらを、あふれるほど浴槽に浮かべて入浴し
たそうです。そして、クレオパトラがバラをまき散らした寝所へシーザーを招いたことは有名で、バラの寝所は
大切な客を迎えた時の最高のもてなしであったようです。

<香りの効能>甘く上品で繊細な香りは、気分が落ち込んでいる時や不安な時など、口に含むと香りが広がり、
心身をリフレッシュして明るい気分にしてくれます。だから二日酔いの朝にもローズティーはおすすめです。

*ローズの香り 採点*(★5個→満点)

天然度  : ★★★★★ (コメント:天然のハーブのみを使用。飲料用ではありませんのでご注意下さい。)

リラックス度: ★★★★  (コメント:ローズの香りがほのかに香ってきます。1ヶが少量で天然の香りのみ
        なので強い香りがするわけではありませんが、生活の中で時折香るローズの香りにうっとり。)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:袋から取り出し、玄関・お部屋・タンスの中などに置くだけ。
               誰にでも簡単にお使いいただけます。)

■ローズの香りで・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋・車内など様々な場所でお使いいただけます。

* 袋からプチポプリを取り出し、お好きな場所へおいてください。
* タンスに入れれば衣類にほのかにローズの香りがつきます。
*香りがなくなってきたら市販のローズオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れて入浴剤として楽しむのもOK

馨しく美しいローズの華やかな香りには抜群のリラックス効果が!バラの気品ある香りで贅沢気分に。
微かに漂うローズの香りに包まれた空間は幸せを呼んでくれそうです*
<ラベンダーの香りプチポプリ>
   *癒される空間つくりに・ラベンダーの香りプチポプリ*

■原産国:フランス
■原材料内容:ラベンダー
■ラベンダーの香りついて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用
下さい。プチポプリは身の回りの物の中に入れて香りを楽しんでください。ほのかなラベンダーの香り
を自然に空間で楽しめます。静作用で不安や緊張を和らげリラックス。虫除け効果もあります。

ラベンダー・・・
学名: Lavandula officinalis
科名:シソ科
自生地:地中海沿岸
芳香のある常緑の多年草のような半低木。
有効成分:リナロール、フラボノイド、クマリン、タンニンなど
有用性:鎮痛、抗最近、抗痙攣、リラックス、神経強壮

ラベンダーと言えば、もっともポピュラーなハーブですが、その語源のラテン語lavareは、
「ラワーレ 洗う」という意味。傷口を洗い清めるのに使用されたからということです。
ラベンダーのニックネームは“香りの庭の女王”と言われ、花は小さくても甘い芳香を放って、とても存在感
をアピールしています。古代ギリシャやローマ人たちは、バスタブが紫色に染まるほどたくさんのラベ
ンダーの花を浮かべて入浴し、清潔を保ち傷を癒すのに役立てながら優雅なひとときを過ごしたそうです。

イタリアではラベンダーが花咲く季節には、その花の茂みに洗濯物を広げて香りを染み込ませながら乾燥
させる習慣があります。また花のない季節には、タンスや戸棚に乾燥して保存しておいたラベンダーポプリ
を入れて1年中香りを絶やさないそうです。芳しい香りをつけるだけでなく、殺菌や防虫効果も兼ねた古代の
人々の素晴しい生活の知恵ですね。そしてアロマテラピーという言葉は、20世紀初頭フランスの化学者
ガットフォセが実験中の事故で火傷をおったときに、ラベンダーの精油を用いて回復したことから、この
植物療法をアロマテラピーと命名したのが始まりです。(アロマピアより)

<香りの効能>アロマテラピーでもっとも広く使用されています。不眠症頭痛やめまい、リラックス効果も
       高く有名なハーブです。疲れをほぐし、安眠へとさそいます。

*ラベンダーの香り 採点*(★5個→満点)
■ラベンダーの香りで・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋・車内など様々な場所でお使いいただけます。
* 袋からプチポプリを取り出し、お好きな場所へおいてください。
* タンスに入れれば衣類にほのかにラベンダーの香りがつきます。
*香りがなくなってきたらラベンダーオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れて入浴剤として楽しむのもOK
リラックス効果の高いラベンダー。いつもお花をかざってるような空間を楽しめます。

天然度  : ★★★★★(コメント:天然のハーブのみを使用。飲料用ではありませんのでご注意下さい。)

リラックス度: ★★★★(コメント:ラベンダーの香りがほのかに香ってきます。1ヶが少量で天然の香り
     のみなので強い香りがするわけではありませんが、生活の中で時折香るラベンダーに癒されます。)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:袋から取り出し、玄関・お部屋・タンスの中などに置くだけ。
                         誰にでも簡単にお使いいただけます。)

<マリアの花香る森(オレンジ)ポプリ>


■原産国:エジプト

■原材料内容:マリーゴールド・オレンジ・他・香料

■癒しの森の香りについて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用下さい。心身をリラックスさせてくれます。柑橘系の中にも落ち着いた、ほっとする香りがします。

マリーゴールド・・・
学名: Calendula officinalis
科名:キク科
和名:キンセンカ、カレンジュラ
自生地:南ヨーロッパ、地中海沿岸
明るい橙色のデイジーのような花を咲かせます。
有効成分:カロチノイド、フラボノイド、ステロール、サポニン、粘液質、ステロイド化合物など
有用性:収斂、抗ウイルス、エストロゲン様作用、抗炎症、発汗、解毒、利尿

公園の花壇や家庭でよく植えられているのは園芸用の品種で、ハーブティーや薬用は、それよりもひとまわり花の大きな品種のポットマリーゴールドです。マリーゴールドは、ローマ人がいつも毎月の初めに、花が咲いているのを見て“カレンデュラ”(カレンダー)という名をつけ、日本ではキンセンカの名でよく知られています。マリーゴールドは、聖母マリアの祝日に咲いたので、「マリア様の黄金の花」とも呼ばれています。

日の出とともに花を開き、太陽を追いかけながら夕刻に花を閉じる習性があり、シェークスピアは『冬物語』の中に「日暮れとともにベッドにつき、朝日とともに泣きながら起きる花」と記され、花言葉も「悲嘆」で、明るい花のイメージとは、かけはなれていますね。
またインドやパキスタンなどイスラム教の国では、神にお供えする花として、ヒンズー教の寺院でも祭壇に飾る花として、親しまれています。

■効能:
? 眼精疲労
? 眼病予防
? 解熱効果
? 肝機能低下
特に目に関する効能が高く、効能目的以外にも、マリーゴールドはサフランの代用品や若葉は食用としても使われました。
香りとしては気持ちを元気にしてくれます。また、虫除けの効果もあります。
■マリーゴールドブレンド商品: 心身を温めるTea、 パソコン仕事に飲むTea、 マリアの花香る森ポプリ

*癒しの森の香り 採点*(★5個→満点)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:そのまま袋の口を開けて置くか、お皿に出してお使い下さい。玄関やトイレ・お部屋にも手軽に                        使えます。)

元気度: ★★★★★  (コメント:フレッシュな香りは心を元気にしてくれます。)

天然度  : ★★★★★ (コメント:天然のハーブを使用し、香料も100%ナチュラルな花から抽出したアロマオイルを使用。ただし飲                       料用ではありませんのでご注意下さい。)

■マリアの花香る森で・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋など様々な場所でお使いいただけます。

* そのまま、袋の口をあけて置くか、お皿に出してお使い下さい。

* お気に入りの布にいれ、リボンをすればプチポプリの完成♪タンス・車・お部屋に置いてもOK。

*香りがなくなってきたら好みでオレンジオイルや柑橘系のオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れて入浴剤として楽しむの  もOK

アロマオイルの香りとマリーゴールドの香りが混ざり合い、柑橘系の中にも落ち着いたお花の香りがし、心落ち着く香りになっています。いつもお花をかざってるような空間を楽しめます。

<ローズの香りプチポプリ>

3■原産国パキスタン

原材料内容ローズレッド

■ローズの香りついて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用下さい。プチポプリは身の回りの物の中に入れて香りを楽しんでください。ほのかなローズの香りを自然に空間で楽しめます。華やかな香りを持ち、抜群のリラックス効果があります。イライラを押さえる等、女性に優しい香り。

ローズレッド・・・

学名: Rosa
科名:バラ科
自生地:アジア
主に落葉性でとげのある茎と9枚以内の小葉からなる複葉をつけ、夏に芳香のある花を咲かせ、秋には実をつけます。

バラは世界中の人々から最も愛されてきた花の代表でしょう。中世以前から現代に至るまで、世界中で観賞用にたくさんの改良品種が作られ私達の目を楽しませてきました。ハーブとしての利用も大変に長い歴史を持ち、紀元前の古代ローマや古代エジプトなどでもすでに薬用植物として盛んに栽培され、お茶やエッセンシャルオイルなどに加工さていたようです。


甘く魅力的な香りと美しさをもち「花の女王」と讃えられるローズは、世界中に2万種を超える品種があるといわれますが、ヨーロッパに古くからある原種は5種でガリカ種、モスカータ種、ダマスケーナ種、アルバ種、ケンティフォリア種があげられます。

かのクレオパトラは永遠の美と若さを保つため、毎日バラの花びらを、あふれるほど浴槽に浮かべて入浴したそうです。そして、クレオパトラがバラをまき散らした寝所へシーザーを招いたことは有名で、バラの寝所は大切な客を迎えた時の最高のもてなしであったようです。

<香りの効能>甘く上品で繊細な香りは、気分が落ち込んでいる時や不安な時など、口に含むと香りが広がり、心身をリフレッシュして明るい気分にしてくれます。だから二日酔いの朝にもローズティーはおすすめです。(アロマピアより)

*ローズの香り 採点*(★5個→満点)

天然度  : ★★★★★ (コメント:天然のハーブのみを使用。飲料用では

              ありませんのでご注意下さい。)

リラックス度: ★★★★  (コメント:ローズの香りがほのかに香ってきます。1ヶが少量で天然の香りのみなので強い香りがするわけではありませんが、生活の中で時折香るローズの香りにうっとり。)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:袋から取り出し、玄関・お部屋・タンスの中などに置くだけ。誰にでも簡単にお使いいただけます。)

■ローズの香りで・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋・車内など様々な場所でお使いいただけます。

袋からプチポプリを取り出し、お好きな場所へおいてください。

タンスに入れれば衣類にほのかにローズの香りがつきます。

*香りがなくなってきたら市販のローズオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れて入浴剤として楽しむのもOK

馨しく美しいローズの華やかな香りには抜群のリラックス効果が!バラの気品ある香りで贅沢気分に。微かに漂うローズの香りに包まれた空間は幸せを呼んでくれそうです**

*癒される空間つくりに・ラベンダーの香りプチポプリ*

今日はプチポプリの紹介をしたいと思います。今日紹介するのはラベンダーの香りです。

<ラベンダーの香りプチポプリ>

3■原産国フランス

原材料内容ラベンダー

■ラベンダーの香りついて・・・・

100%天然のエッセンシャルオイルとハーブをパックしたポプリです。お部屋やお車に入れてご活用下さい。プチポプリは身の回りの物の中に入れて香りを楽しんでください。ほのかなラベンダーの香りを自然に空間で楽しめます。静作用で不安や緊張を和らげリラックス。虫除け効果もあります。

ラベンダー・・・

学名: Lavandula officinalis
科名:シソ科
自生地:地中海沿岸
芳香のある常緑の多年草のような半低木。
有効成分:リナロール、フラボノイド、クマリン、タンニンなど
有用性:鎮痛、抗最近、抗痙攣、リラックス、神経強壮

ラベンダーと言えば、もっともポピュラーなハーブですが、その語源のラテン語lavareは、「ラワーレ 洗う」という意味。傷口を洗い清めるのに使用されたからということです。
ラベンダーのニックネームは香りの
庭の女王と言われ、花は小さくても甘い芳香を放って、とても存在感をアピールしています。
古代ギリシャやローマ人たちは、バスタブが紫色に染まるほどたくさんのラベンダーの花を浮かべて入浴し、清潔を保ち傷を癒すのに役立てながら優雅なひとときを過ごしたそうです。

イタリアではラベンダーが花咲く季節には、その花の茂みに洗濯物を広げて香りを染み込ませながら乾燥させる習慣があります。また花のない季節には、タンスや戸棚に乾燥して保存しておいたラベンダーポプリを入れて1年中香りを絶やさないそうです。芳しい香りをつけるだけでなく、殺菌や防虫効果も兼ねた古代の人々の素晴しい生活の知恵ですね。
そしてアロマテラピーという言葉は、20世紀初頭フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷をおったときに、ラベンダーの精油を用いて回復したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したのが始まりです。(アロマピアより)

<香りの効能>アロマテラピーでもっとも広く使用されています。不眠症頭痛やめまい、リラックス効果も高く有名なハーブです。疲れをほぐし、安眠へとさそいます。

*ラベンダーの香り 採点*(★5個→満点)

■ラベンダーの香りで・・

<ポプリ>場所は玄関・トイレ・お部屋・車内など様々な場所でお使いいただけます。

袋からプチポプリを取り出し、お好きな場所へおいてください。

タンスに入れれば衣類にほのかにラベンダーの香りがつきます。

*香りがなくなってきたらラベンダーオイルを垂らして再利用、もしくは不織布に入れて入浴剤として楽しむのもOK

リラックス効果の高いラベンダー。いつもお花をかざってるような空間を楽しめます。

天然度  : ★★★★★ (コメント:天然のハーbuのみを使用。飲料用ではありませんのでご注意下さい。)

リラックス度: ★★★★  (コメント:ラベンダーの香りがほのかに香ってきます。1ヶが少量で天然の香りのみなので強い香りがするわけではありませんが、生活の中で時折香るラベンダーに癒されます。)

使いやすさ:  ★★★★★ (コメント:袋から取り出し、玄関・お部屋・タンスの中などに置くだけ。誰にでも簡単にお使いいただけます。)